QVC
今日深夜12時(正確には、明日、ということになりますが)と明日の朝8時から
QVCに出演させていただきます。とはいえ、今回は1時間の時間枠で後半少し出演させていただく感じになると思うので出てきたら手を振ってください^0^

ただいま、移動中であります
b0118590_14322953.jpg

[PR]
# by foodlovers | 2010-08-09 14:30
お好み焼き
仕事が終わって、夜はみんなでお好み焼き。
ヒースコットはサラダを、クリスチャンはサングリアを作ってくれました。それはそうと、
お好み焼き4枚が一度に焼けるホットプレート、メーカーさんよろしくです。

にしても、あらためて写真だと僕、ちっちゃく見えるけど、僕は175センチだから、普通の日本人男性より大きいほうですよ。
他の二人が、大きいだけです^^

b0118590_14412294.jpg

[PR]
# by foodlovers | 2010-08-05 14:44
美術館
b0118590_9361266.jpg


美術館には、よく行きます。

ヒースコットが京都から戻ってきたので昨日は美術館へ。
天気がよかったので、美術館のまわりで日光浴したりして、充電。
日光浴といえど、仕事柄あまりに日焼けするわけにはいかず、ヒースも肌が弱いため長袖着て日焼け止め。
イギリスではほとんど毎日曇り、雨なため、日本の日差しは痛いようです。
今日は仕事の合間に、また美術館に行ってきます。



夜はうちで、友達みんなでお好み焼きパーティーです。

みなさんも夏を、楽しんでくださいね。
[PR]
# by foodlovers | 2010-08-04 09:53
週末
土曜日は仕事が終わってから、友達と新宿へ。
イタリアンを食べて、そのあとバーへ。とはいえ、僕が飲んだのは、全部トマトジュース。

そこで知り合ったアメリカ人の新しい友達は、とても若いけれど、食べることをとても大事にしていることがわかり、うれしかった僕。日本でビジネス英語の先生をしているそうで。
自分の体にちゃんと向き合っていて、自己管理してるな、というか。毎日自分で料理してるらしく。
イケメンで若いから、彼が先生だと女性は集中できないかも。ははは。
今度うちで、一緒に料理することにしました。

終電時間になって、一緒にいた友達が六本木に行こうといったので、久しぶりに付き合うことに。
僕は六本木が苦手です。外国人と、外国人好きな女の子ばかりというか。僕は六本木は夜行かない。でもたまには、友達に付き合おうかと。知り合った新しい友達とは、新宿で別れて、僕たちは駅へ。
駅に向かう途中で、隣を歩いていた外国人に「hey、どこ行くの?」と話しかけたら「終電!帰るところさ」「僕たち六本木行くけど、一緒に行く?」「そうなの?いいよ!」

ということで、一緒に六本木へ。こんなこと日本人同士ではありえない、とよく言われますが、僕たちには全く普通です。もちろん、絶対日本人には話しかけたりしないですけれど。びっくりされるのはわかっているので。
驚いたことに、彼は僕の隣の区の中学で英語の教師をしていることがわかりました。僕の家にも自転車ですぐ来れる距離と言うことで。偶然っていつもおもしろいです。

六本木はにぎやかでした。
クラブに行きましたが30分もたたずにやっぱり出ました。男3人で入ったのですが、そこにいた
ロシアの女の子が僕に一緒に踊ろうと誘ってくれたので、その女の子と踊って、すぐ出ました。
僕は大学生時代ヒップホップ、ダンスでお金を稼いでいたので、踊るのは大好きです。
でもやっぱり、六本木は僕のいる場所ではないと感じたし。
みんなでカフェへ。

よるカフェは楽しいですよね。
始発を待つまで、カフェラテ2杯と、アイスコーヒー1杯、グリーティーフラペチーノ。水分でおなかいっぱいです。


家に戻り、シャワーを浴び、2時間だけ睡眠をとり、すぐに仕事を始めました。いまやっと、ひと段落。

健康だからこそ、こんな無茶ができるんですよね。僕の体がタフなのは、食べてるものが違うからと自信を持ってやっぱり言えます。

僕はますます、食べることの大切さを感じている今日この頃であります。
食べることに、本当に感謝したいですよね。
[PR]
# by foodlovers | 2010-08-01 17:50
恋愛観
今日は料理ではなく、初めて僕の恋愛観について書こうかなと思っています。今日のこのブログは、しばらくしたら削除します。毎日訪れてくださっている皆さんに、ちょっと話しておきたいことがあるので。

恋愛ってむずかしいですよね。
天国と地獄が同時にやってくるわけですから。

相手の行動や言葉一つ一つに、喜んだり、落ち込んだり。


僕自身は、付き合った人の数と言うのはものすごく少ないです。
片手で数えられるどころか、指数本レベルで。

付き合うと長いし、浮気は全くしません。浮気するチャンスは人様よりかなり多いかもしれません(!)ただ、誤解を招く表現だと恐れながらも、個人のブログですので、お許しを、と申し上げた上で、一般論として男は浮気するものだ、という意見はそうだと思います。ただし、それなら女性も浮気するものだ、ということも付け加えるべきと思います。

それくらい、恋愛はむずかしいですよね。

エネルギーを吸い取られるようなネガティブな恋はしたくないのはもちろんですが、実際はその手の恋愛ほど、きっとはまるもので。やっぱりむずかしい。


諸事情により、まだ発売にはなっていませんが、僕の書き上げた2冊目の小説は、恋愛がテーマです。


互いに高めあうような恋愛を、と語るのは素敵ですが、僕の恋愛観としては
互いに落ちてゆく恋愛のほうを選びます。


そのくらい、もがき苦しむ恋愛だから、何かを学べるわけで。ただし、その代償は小さくはありません。


ジェイクにこうゆう恋愛観の話をすると「子供みたいな考え方だ」としかります。


たしかにそうかも。僕の恋愛観はティーンネイジャーの頃で止まっています。
僕は来年、デンマークで結婚する予定です。
デンマークで僕が暮らすか、相手が日本に来るか、はこれからの話とはいいつつ、僕がデンマークで暮らすことは仕事上ありえないので、今は相手がすべて日本に来る準備に入っています。




恋愛と結婚は別。

僕はそうは思いません。
同じだと思います。


もしそれが違うなら、結婚には意味がなくなってしまうから。

悩んでいる僕であります。
[PR]
# by foodlovers | 2010-07-31 15:40