<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ロシア料理
昨日夜、ロシアとベルギーの友達の家に行きました。

ユラとガエタンがロシア料理を作ってくれました。

ビーフストロガノフと、マッシュポテト。赤ワイン。


仕事あとにかけつけたのですが、着いたらロシアの友達が山のようにじゃがいもの皮を一生懸命むいていました。

僕はあえて、一切手伝わないで見ていました。

ユラは、3月2日NHKの番組に出演することになりました。去年でた僕の本、ビバホルモンに僕の隣で笑っているあの彼です。ひょんなことから、テレビのレギュラーももらうことになり、本人やる気満々であります。自分の友達が芸能界で同じように仕事することになり、僕も少し責任と心配を抱えていますが、ユラはきっと大丈夫。

ガエタンがたまねぎを刻んで、涙を流していました。あはは。

「ねえ、もういい?」「だめ、もうすこし」

ははは。ユラは厳しい。


ガエタンは5ヶ国語、とても堪能に話せます。僕との会話は、英語、フランス語です。
英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語 。すべて完璧に話せます。ネイティブと変わらないのです。国籍も2つ持っています。ユラもロシアとアメリカ国籍両方持っています。ガエタンは
日本語も、相当なレベルになりました。つまり、6つの言語をあやつれるようになるわけで。
すごいな。僕もそうとう、がんばらないと。

仕上がった料理は、本当においしかった!

カメラを忘れ、写真をとれずごめんなさい。

今日は僕の家で友達が集まり、パンを焼いたり、料理を一晩中楽しむ予定です。

写真をとりますな。


ではまた
よい週末を!
[PR]
by foodlovers | 2010-01-29 14:16
スエーデンのケーキ
b0118590_1821511.jpg


ロバートがスエーデンで有名なケーキを焼いてくれました。
写真がロバートが実際作ったものです。これ、外側はパリパリですが、中がしっとり、というかレアなんですよ。

すんごいおいしいんです。
アメリカのマッドケーキのような見た目ですけど、ブラウニーとかでもなくて、ほんと食感がとても楽しい。


ロバートは生まれてはじめてこのケーキを焼いたそうです。スエーデンでは大好きでよく食べていたけれど、作ったことはなかったらしく。宣伝するわけじゃないですが、小岩井の発酵バター(ヨーロッパの友達みんなが、これが1番本国に近い、おいしい、と言うので)たっぷり使ったので、料理研究家からしても、本当においしかったです。

今週末は、夜友達が集まって、みんなでパンを焼くことになりました。
それぞれの国の料理も作ったりすることにしてます。
メンバーはデビット、アリァ、ロバート、ピーター、僕。

一晩中、食べて、飲んでると思います。
飲むのは、お酒じゃなくて、今回のメンバーはあきらかにカフェラテやジュースです。

料理研究家という仕事柄、おもてなしってどんなの、とよく聞かれるんですけど。
らくちんですよ。
基本、みんなで一緒に作るので。


仕事のクライアントが来る、という場合は別ですけど。

一度、思い切って友達誘って料理してみると、ほんと楽しいですよ。
作りながらしゃべって、食べながらしゃべって。

外では味わえない、楽しみですから!
[PR]
by foodlovers | 2010-01-27 18:33
今日が誕生日
26日。今日が誕生日でありました。

花が届いたり、花が届いたり。花が届いたり。

いい匂いです。

ジェイクからは結局、白い花が届きました。黒い紙袋にくっついて。
どんな顔して選んだんだろ。
ジェイクも成長したようで。


海外の友達からは、メッセージや電話をたくさんもらいました。

ほんとうに、うれしかったです。

今までずいぶん、自分が生まれてきてよかったのだろうか、と本気で何度も悩んだものですが。
ahaha.


今日はただ、仕事して、仕事して。
でも、夜はスエーデンの友達たちとごはんを一緒に食べました。

忙しくて、しんどい一日だったけれど、
感謝です。
b0118590_23241184.jpg

[PR]
by foodlovers | 2010-01-26 23:37
もうすぐたんじょうびぃ
b0118590_15112536.jpg
b0118590_15134359.jpg
b0118590_15143280.jpg



もうすぐ僕の誕生日。
去年の自分を写真で見ていて、ふと考えた僕。
僕の新しい年齢は、今年はどんな思い出が作れるのかな。
どんな仕事ができるかな。

いつも笑顔で、精一杯大切な食事を提案できるよう引き続き精進しますな。


でももう、この年齢になるんだ。子供のころ、ずっとその年齢なんて、はるかかなた、だと思ってた僕。
ものすんごい、大人だと思ってた。

でも実際その年齢になってみると。
なんだ、こんなもんか。みたいな。

理想を言えば、少しは心の余裕なるものが持てればいい年齢のはずなのに。 
いまだに、きりわけたケーキ一番大きいの狙ってるし。
いまだに、ショートケーキのイチゴ、ジェイクと奪い合ってるし。

ま、こんなもんですな。
[PR]
by foodlovers | 2010-01-22 15:28
アトリエでの仕事
b0118590_213587.jpg



今のアトリエは「普通」のマンション。

今までずっとデザイン建築ばかり住んでいた僕。
部屋のど真ん中にコンクリート打ちっぱなしの太い柱が斜めにはしり、周りは全部ガラス張り、というような物件だったけれど、今のアトリエは普通に生活感漂う空間。
とはいえ、僕は持ち物が少ないので「すいすい」してる。

すいすいしてるけど、花はできるだけ家にあるようにしてる。


僕の母さんが花が大好きで、子供の頃から家にいつも花があったから、自然と一人暮らしはじめても花を買っている僕。


ジェイクは「男で花自分に買ってる男ってはじめてみた」

て1番最初連れて行った当時いってたけど。


好きなんですよ、花。

ないと落ちつかないっす。
みなさんもぜひ、花、おうちにどうぞ。
ほんと、花、あるだけで、全然気分かわるかもですよ。


な。
[PR]
by foodlovers | 2010-01-21 21:19
yay!

ジェイクが毛がにを買って来た。


生きてるし。すごい数だし。

本人、〆る(しめる)気満々である。

そもそもことの発端は、

「ノリック、誕生日何欲しい?」

「うーん。・・・・かに!」

自爆。


以前、伊勢海老をもらって、ゆでるとき、ジェイクが手伝ってくれました。
が、ジェイク、生きたまま茹でたものだから、僕が怒ったのです。

「もう!ジェイク〆てから茹でないと足とかひげが折れちゃうでしょ?暴れて」


「味は、おなじぃ」(日本語)

「ちがうよ!見た目も日本料理は大事なの!」

ちゃんとしてないとやな僕。


それを覚えているので、今回は〆てから茹でよう、とやる気満々なジェイク。


蟹を食べるときって、身を取り出すのに夢中になるから静かになりませんか?普通。


うちのジェイク、うるさいですよ。蟹食べてても一人しゃべってるし。



食べたあとの蟹の殻を油で炒めて、それでパスタなんかあとで作るとうまいんですよねぃ。


食材は、最後の最後まで生かしきらないとですな。
[PR]
by foodlovers | 2010-01-20 12:09
遠慮しないでねぃ


新宿や渋谷で友達と仕事のあと遊んでいることが多い僕。

時々、僕に気がついて、声かけようかな、と迷っているような女性に会います。
じぃいいいいっと見続けてくれてたり、お友達と「あ、あたし知ってるあの人。お料理の先生だよ、テレビでてるでてる」と(ahaha)会話が聞こえてたりします。

中には「本物?でもでかいよ」と言ってる方も。聞こえてますから、hahaha.

はぁああい。でかいっすよ、僕意外と。テレビだとすんごく細くてちいっちゃいイメージなんすかね。
ブログでもよくお伝えしましたが、でかいっていうのは、ほんとよく言われますな。白ぃ、細い、もよく言われますけど。あはは。
意外にほっそーい、の前にでかーい、が先なんですよいつも。

ジェイクは僕のこと「ノリックはちびぃいいい」とからかいますが、ちびじゃないっす。
うちのジェイクがでかいだけぇ。

ジェイクはいつも電車を待ちながら、また、エスカレーターを乗る際、僕を目の前にしながら「ノリックはどこ?どこ?」とキョロキョロ探すふりしながら言っております。
きみの目の前に、いますから。僕、そんなちびじゃないんで。

写真は渋谷のどまんなか!信号待ちに友達のロバートと一緒にとった写真です。
ロバートは僕のパソコン直してくれたんで、写真もアップできるようになりました。
ロバートすごいすごい。

街で見かけたら遠慮しないで(っていうか、怖がらずに=by ジェイク)ぜひ、
声かけてくださいね!

b0118590_23101737.jpg

[PR]
by foodlovers | 2010-01-18 23:11
おひさまミルクと暮らしのだいじ
b0118590_132314.jpg






僕の暮らしのだいじは、常に自然体でいること。

僕にとって年齢も国籍も職業も何もかもぶっちゃけあんまり関係なくて。
ただいつも、自分が自然体でいたいだけ。


天然自然・ナチュラリストを気取るのは大嫌い。
僕自身は正直、オーガニックや環境問題への取り組みやら、なにやら、大好きだけれど。だからといって「自然に暮らしてますぅ」なんてふりは大嫌い。それなら僕は、黙っていっそほんとにスエーデンに行って農業するから。


自然であることと、自然体であることはぜんぜん違う。

これらをうまくこの東京で、表現できて行けたらいいなぁ、と思う僕。
表現方法は本当に難しいテーマだろうけど。
編集者もきっと、やりずらいテーマだろうけど。


でも僕はそこに真実があると思う。
よくあるみせかけの「天然」なる暮らしなんて、続かないもん。

今年やるべき仕事を昨日のオフの間に検討していて、そんなこと考えました。

都会のど真ん中、渋谷の雑踏の中にも、ほんとのナチュラリストはいるんだから。


型にはまったステレオタイプのナチュラリスト概念なんか興味ない。そこに真実があるとは僕には思えないのであります。

僕は負けない。
[PR]
by foodlovers | 2010-01-18 13:51
ヨーロッパへ
b0118590_133247100.jpg


行きたいな。ヨーロッパ。
でも仕事か何か絡まないと、当分行けそうになく。
行きたいな。海外。
友達みんな、待ってるし。

今日は日曜日。
5時間だけ、オフを取れました。で、今パソコン開いたら
ヨーロッパに帰ってしまった友達たちからメッセージが届いてました。

なつかしくてたまらなくなった僕。

東京にも、もちろんまだ友達たちは残っているけれど。昨日もおとついも、仕事の後みんなでわいわいご飯食べてそのあと夜カフェ楽しんだけれど。

僕の何かが、いつも埋まらない。


今年できれば、2冊目の小説が発売になるといいな。
その作品には、僕の埋まらない何かを少しだけ表現できた気がするので、楽しんでもらえたらな、と思います。
[PR]
by foodlovers | 2010-01-17 13:47
さつえい  



寒いですな、最近。
でも、寒さに負けてる場合じゃああありません。


春はすぐそこですからな。
b0118590_11563146.jpg

[PR]
by foodlovers | 2010-01-14 11:55