<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ビバ!ホルモン写真です
講談社さんからの新刊、こちらであります。

今日は宣伝隊長ということで。


繰り返しますが、どんな美肌もアンチエイジングも「食べること」に尽きます。
しかも楽しくおいしく食べてこそ、きれいにつながると言い切れます。

脳の働きって、ものすごく実は深いのです。



いくら身体によくても我慢して食べてきれいになんかなれません。
ものすごく平たく言ってしまうと、脳が拒絶していると、若さや美肌のために必要不可欠な
大切なホルモンが分泌されない、ということです。

好きな男性が側にいると女性がきれいになるのは事実であります。



ご自身の衣食住をうんと楽しんでもらえたらな、という思いでいっぱいな僕であります。
ジェイクは抱えている仕事でいっぱいいっぱいであります。



えへっ。

b0118590_11483421.jpg

[PR]
by foodlovers | 2009-10-29 11:48
ビバ!ホルモン発売です

僕の新しい料理本
「ビバ!ホルモン」 が講談社さんより発売となりました。

一冊丸々、ホルモン料理の本であります。表紙写真は、後日、天気の日に撮影してお見せしますな。
っていうか、書店に行ってご確認いただけたら涙でますな。

美肌、美容健康にてきめんと、ちまたではパリジェンヌならぬホルモンヌが話題になっているようで。

ホルモン料理って家で簡単に作れるんだ、と納得していただけると思います。
これからの時期、人が集まるときにもおすすめだったりもします。

食べて本気で美肌を目指される女性には特にお勧めの新刊となっております。


僕の友達デヴィット、ユラ、ヘンリックも今回僕と一緒に本の中に登場しています。
まんま、僕たちの普段の様子でわいわいやっております。


おいしいものを、きちんといただく。


やっぱり一番、大事であります。


次は、イタリア、フランス、カナダの料理の本をそれぞれ作ってみたいです。
ヨーロッパの家庭で作り続けられている、お菓子の本も、いいですな。


最近僕たち、お菓子づいてます。食べあるき。
オリジナルのお菓子も、デパートイベントなんかでやれるといいですな、来年。
b0118590_2355776.jpg
b0118590_236141.jpg



精進しますな。
[PR]
by foodlovers | 2009-10-26 23:07
フードラバーサイト
b0118590_20184458.jpg
b0118590_2194791.jpg


お待たせしております。
foodover.jp
のサイトの更新が近づいております。
撮影にかけまわった努力のかいあり、素敵なページに仕上がるかと。
今月末にはカナダのページがアップできると思いますので、しばしお待ち下さいな。


来年は、カナダ中旅をしたいと思っています。

こだわりと情熱をもって日々チャレンジを重ねる現地の生産者と直接交流ができたら最高じゃないですか!


もっともっと、いろんな生産者の生の声と仕事に捧げるその情熱を、体感したい僕であります。
すごくいい刺激になるから。


「食育」と口にできるほど僕はまだ大人ではありません。人様を教育できるほどの人物ではないから。あはは。でも僕は、食に関わる一人の人間として、そのど真ん中で、日々まさにその現場で仕事を重ねる人たちと一緒に学んで、それを自分の言葉で的確に日本のマーケットにあわせて伝えてゆければいいな、と思っています。


がんばりまっす。


写真は日本です。少しリフレッシュしに、山の中へ(超強行スケジュール)
めちゃめちゃ日焼けしたけど(さすが山)でも空気が気持ちよかった!
[PR]
by foodlovers | 2009-10-20 21:21
ジェイク
うちのジェイクは、もうすぐ冬がやってくるというのにいまだティシャツ生活から抜け出さない。

夜になると一気に冷えている(はず)の東京で
日々ティシャツ一枚で終日快適にすごす男である。


「ジェイク、もうそろそろパーカーとか何か着た方がよくない?」(英語)

「だいじょぶ」(日本語)

・・・・。


フラペチーノのベンティサイズ・with extra ホイップ(グランデよりもさらに大きいメガサイズであります)キャラメルソースかけ(my アレンジぃ)をおいしそうに食べるジェイク。


秋の夜風感じる中で、氷状のドリンクですか・・・。



「みてるほうが寒いよ、ジェイク」(英語)

「だいじょぶ」(日本語)


・・・。


それはそうと、もうすぐスイスから、とびっきりのキャラメルが届きます。


生キャラメルって、日本で大人気ですが、スイスのとある町のキャラメルといったらもう!!!!


もう!!!


もぉおおおおお!!

なのであります。

キャラメルに、パンケーキを焼いて、チーズホイップをのせて、ホイップも添えて、ベリーをちらして、メープルシロップおぼれるほどかけて。で、カフェラテ。
ジェイクも大好きであります。

うーん。楽しみすぎます朝ごはん。

食欲の秋ですからな。


みなさんよき週末を!
[PR]
by foodlovers | 2009-10-16 22:38
ドロシー
エカ(エカテリーナ。僕のex wife)と間違われていたようなので、ご紹介しておきます。


ドロシーです。swiss から。



食のイベント・商談に、先日一緒に行ってきました。

たまにはそうゆうのも、いいんです。
b0118590_2252489.jpg

[PR]
by foodlovers | 2009-10-15 22:05
ベッド
買いました。ベッド。


僕は睡眠時間がずっと子供の頃から4時間程度なのです。
だいたい4時間で、いつも目が覚めてしまう。
子供の頃からそうです。ずっと寝ていない子供でした。


でも最近、年齢のことも考え(?)睡眠は大事だなあ、と思ったわけで。

そうでなくても日中は本当に神経を使い、エネルギーを使い、必死で仕事をしております。
いろんなことがいつも起こります。いいことも、そうでないことも。

そのたびに僕は、いちいち驚いたりしません。
驚いている場合じゃないと思うし、しっかり歩くことが先だから。


食べることは、すごく自信があります。
きちんとしてる。

でも眠ることも生活のだいじ。
僕は、ここ10年風邪などひいたことがありません。
体調を崩すことがありません。歯のトラブルに困ったくらい。

でも、過信は禁物。自分は丈夫だ、なんて、実は誰も保障できない話ですからね。


いい仕事をするためにも、ちゃんともっと眠りたいな、と思った僕。

ベッドを見に行き、すごくたくさんいろいろあったので、じっくり実際試して、どれにしようかと探すのは時間かかったけれど、楽しかったです。

結局、一番大きなサイズのベッドへと最終的に絞り込みました。こんなの大きくてジャマかも、と思ったけれど、「ヨーロッパでは普通のサイズ」ということで。
たしかにみんな友達は自分の国ではキングサイズ。せめてクイーン。
ダブルベッドなどは「小さい」と言います。ちょっとびっくり。

ドロシーが横になって試して「こっちはダメ。柔らかすぎる。こっちのほうがちょうどいいわ」と、その一言で、マットも取替え。


日本は布団の文化ですが、ヨーロッパはやはりベッドの歴史が長いわけで。
彼女にかかえれば、ベッドの性能や寝心地を見抜くのは簡単。感心しました。



今週中には届く予定です。

今年の冬は、これでよく眠れるといいな、と思います。



僕が最初東京に出てきたときソファがベッド代わりでした。
生きていかなきゃいけない、と必死でありました。毎日3時間の睡眠で、料理人の修行の身(いろんな意味で、苦行の身、でしたけど。あはは)クタクタになるまで働いていました。稼いだお金は生きてくための他は全部、更なる料理の追及、と意気込んで料理の講習に通ったりいろんな世界中の食材を買ったり、とにかく食べること、料理の試作で使い果たしました。今思えば、ものすごい思い切った使い方だったかと。


ベッドを選びながら、そんなことを思い出してました。




今年の冬は、少しでも暖かくすごせるといいなぁ、と思います。
[PR]
by foodlovers | 2009-10-12 00:12
13日
13日午後12時、お昼にQVCに生放送出演させていただきます。

それからもうひとつご報告が。


僕のオリジナルのゆず茶が完成に近づいています。



デパートイベントなどで以前販売され大好評をいただいていた僕の美肌ゆず茶、と呼ばれていたあの柚子茶の進化系が年内に完成・販売へと近づいています。


うちのジェイクはこのサンプルの段階で「おおおおおおお」

とうなっておりました。


他のどこ探しても見つからない僕のオリジナルブレンドです。

11月あたりでみなさんのもとへ、お届けできればいいですね。


今はなくなってしまいましたが、心斎橋そごうさんに僕の柚子茶を求めて、問い合わせのお電話を下さっていたお客様方。
本当に、お待たせしました。



自然な形で、なによりおいしく普段の食事から美肌を、と望む多くの女性に喜んでもらえるよう、しっかりとしたものに仕上がっています!



yay!
[PR]
by foodlovers | 2009-10-10 21:56
ikura!
イクラ大好き。


うにも大好き。

大トロ万歳。


これはお店で食べたおすし。
ちなみに、実際はこのおすし食べる前、すぐ隣のお好み焼きやさんで友達とお好み焼きを食べ、そのままこっちも食べたい、ということではしごしました。僕も友達もよく食べるので、それは普通であります。


このブログも外国から見てくれている方が増えているようなので、今日はおすし説明しておきます。


江戸前をよく聞かれるので説明しときますな。

Hi,everybody.

Thank u for reading my blog.Im really happy to see u guys visiting to my official website:foodlover.jp ,and enjoying my blog these days.

Today,im going to talk about sushi.
My euro friends love sushi very much but they r telling me its a little bit different from japanese "real"sushi when it comes to eating sushi in their countries...


The best known form of shushi here in japan is like this.Sushi rice is pressed by hands into bite sized portions,and a slice of fresh fish or a shellfish is pressed on the top.We call this nigiri zushi or edo mae zushi.

I can say japanese will say tuna is the best sushi here in japan..and i agree with them..we have three kinds of tuna..red flesh,and belly of tuna with a medium fat content,and the best one is belly of tuna with a high fat content.

If u wanna eat red flesh one,u can just say "maguro"that means tuna.but if u wanna have belly of tuna with a medium fat or a hight fat,u need to order "toro"
toro is a fatty tuna."chixyu toro" = midium fat ,"ou toro "= high fat.

I like to eat salmon roe and urchin...i mean sea unchin eggs..


When u come to japan and go to a good sushi restrant ,i promise,
b0118590_0312770.jpg
it will be awesome.
[PR]
by foodlovers | 2009-10-08 00:31
香り
朝は絶対コーヒーの香りがかかせない僕。

パンをこんがりトーストしながら、フルーツ切って、カフェラテ作って。
僕は料理するとき、ものすんごい香りに敏感な男である。
キッチンやリビングには一切のアロマは置いていない。

アロマは大好きだけれど、料理の香りとアロマが混ざるのが嫌なのだ。


朝は強いカフェの匂い。
昼と夜はガーリック系のいい匂いがする。それ以外は無臭。というか、部屋の自然な匂いだけ。

僕のキッチンに、ゴミ箱はない。ゴミ箱をおいておくことがいやなのだ。
ごみはごみで、さっさとそのつどごみ置き場にもっていく男である。

匂いと言えば、

先日スエーデンとロシアの友達から、僕はいつもいい匂いがすると言われた。
香水はつけてない。
何度も言っているが、僕は香料など一切無添加の石鹸で身体も顔も髪も洗ってしまうため、基本無臭のはずである。
肌が弱いため、ボディーソープやらシャンプーやら乳液やらが使えないのだ。

200円程度の石鹸一個ですんでしまうなんて、地球と環境、財布にもやさしい男である。


えへっ。


でも、いつもいい匂いがすると言われた理由はただ一つ。
これはそもそも、うちのジェイクが発見したのである。

枕と僕の匂いが同じなのだぁ!!

僕は寝る前にいつも枕やシーツに香水をかけてしまう。
よく眠れるためである。そしてこれは女性にとってもおすすめである。
まさかデパートの店員さん、僕がいつも買ってる香水、枕用とは思ってないだろうけど。
すんまそん。


その香りが、僕に染み付いているだけ、ということで。香りはダマスクローズ。
子供の頃からダマスクローズの香り以外は一切受け付けない僕である(こだわり隊長)
それに、この方法なら料理をするときにジャマになることはない。自分の肌に直接朝つけるわけではないからである。これが一番、僕には大事。

ちなみに、ローズといえば5万とその香りの種類があるが、僕にとってはダマスクローズの香り以外、ローズではない。(こだわり隊長2)
ローズと言うローズの香りを確かめ、吟味して現在の香りを買い続けてる僕。
癒されますな。


料理もそうだし、僕は子供の頃から香りをものすごく楽しんでいるということに気が付いた今日この頃。


料理してるときの一番の楽しみは、料理の匂い!

香りって
僕の暮らしのだいじです。
[PR]
by foodlovers | 2009-10-07 00:59
景気
今日のニュースで、海外の高級ブランドであるヴェルサーチが日本撤退とか。
ヴェルサーチにはかすりもしなかった僕の人生であるが、僕が興味をもったのはその撤退に関して、コメントや気持ちを綴ったファンの方たちの言葉。僕はネットで読んだのだけれど。


熱烈なファンの方々。なかには25年間愛し続けてきた方のコメントは、写真つきで、過去のブログ(かなり実際古い時代からの)からすべて紹介してあったり。

大好きで、給料はたいてお店に通っていたとか、それをまとう幸福感にひたっていたとか。
本当に、愛していらっしゃったようで。

例えば、あんなに自分のレシピや料理が人様に愛されたら、と言う風にすりかえて考えると鳥肌がたつくらい感動ものである。

そんなふうに思ってもらえるくらいの、レシピを贈り続けられたらどんなに素敵だろう。


僕はバブルがはじけた後で社会に出たため、ヴェルサーチ全盛期、とネットで表現されていた時代は全然知らない。

そして、そのバブル後の厳しい社会に20そこそこで飛び込んで、全くツテもコネもなかった料理研究家の世界で散々苦労した20代。さらに現在の厳しい社会情勢の中で30代を迎えてる。

うーん。

でも僕はそれでよかったと思っているし、正直景気に左右されて仕事はしていないから平気。もともと、僕が責任を持ち、自分でやれる範囲で仕事をやっているからいいのであります。
それに、いろんな意味で、たくましさは誰にも負けない自信があります。

えへっ。


話を戻すと、
ブランドのファンの方のコメントを拝見していて、モノを世に贈り出す人間の責任と、またその温かいファンの方々の思いを読み取ることができ、なんだか勝手に自分の仕事に置き換えて、いろいろ考えてしまった僕。


「ファンです」とおっしゃっていただける方にお目にかかる機会が僕にもあります。規模が違うけど。あはは。



そんなお声を、だいじにだいじに仕事を重ねて参ります。




今月は講談社さんから新しい料理本がまた発売となります。



頑張りますな。

ジェイ
[PR]
by foodlovers | 2009-10-06 02:12