<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ステーキ
ジェイクは給料が出ると、すんごいいいお肉を買ってくる。

ちなみに、給料がでたら張り切っていいとそそのかしたのは僕である。

えへっ。

アメリカ人は通常(ヨーロッパ人もそうだけど)いわゆる霜降り、というお肉は食べない。
っていうか、そんな霜降りなどない。
日本に来て、霜降りとよばれる脂たっぷりのやわらかいお肉を生まれてはじめて知るわけである。

最初は赤身たっぷりの分厚いステーキがなつかしかったジェイクもすっかりジャパナイズ。
今や霜降り命、である。

誰よりも張り切って肉に向う男である。
僕の料理をさあ食べるぞ、と目の前にしてテンションあがるジェイク。

「うっしぃいいいい」

うし、ね。牛。たしかに牛肉だけど。

ちなみに、チキンのときは
「とぉおおおりいぃぃい」

である。


ほんでもってちなみに、豚肉の場合は

「ぶた」

である。(なぜか淡白)


ちなみにステーキソースは、お肉を焼いたフライパンに小岩井さんの発酵バターを溶かし、おしょうゆで軽く香り付けしたシンプルなものが一番おいしかったりする。1キロ買っても、二人で完食。

食欲の秋であります!
[PR]
by foodlovers | 2009-09-28 20:13
ありがとうございました
19日、22日、QVCに生放送出演させていただきました。


昨日は番組中にソールドアウトをいただき、お買い上げいただけなかったお客様には申し訳なく思っています。また、売り切れ前に間に合い、お買い上げいただけたお客様、本当にありがとうございました。

毎回、生放送中にお客様から直接いただけるお電話が楽しみです。スタジオと直接つないでお話させていただけるので、生のお声をいただける、とてもうれしいチャンスなのであります。

ずいぶん前のお電話でしたが、あなたが紹介してるの朝も全部買ったわよ、と以前おっしゃっていただいたお客様のお言葉は、最高にうれしかったです。
きっとおいしいんだろうな、って信用してお買い上げくださったわけですから。


僕がご紹介させていただいているのは、一生懸命、心あるメーカーが作っている商品です。

僕も紹介するのは一生懸命です。お客様にご指示いただけないと、次がないわけですから、商品をリピートしてくださっているお客様にご迷惑をかけてしまうやもしれません。だから次もつながるように、と毎回一生懸命ご説明させていただいています。



通販マーケットと言うのは、お客様とかなり距離を近く感じられるため、とにかくいつも必死でありますが、同時に本当にやりがいを感じます。反応が、早いのですし。
失敗できないという恐さもありますが、それ以上に、人様に喜んでいただけた、と感じられる喜びがすごく大きい世界です。


来月は、いよいよ僕のサイトに新しいページがアップする予定です
http://www.foodlover.jp

いろいろ、お待たせしています。
ブログの更新も、ひんぱんでなくてごめんなさい。


勝負どころです。


来月は講談社さんからも新しい本がまた発売となります。
[PR]
by foodlovers | 2009-09-23 13:13
ただいまっ
ただいま帰ってまいりましたぁ。

朝であります。友達と遊んでおりました。

週末は金曜日夜までガンガン仕事して、で夜出かけて、また土曜日昼ガンガン働いて、夜ガンガン遊んで、という恐ろしいスケジュールだったため、昨日は夜遊びに行くため友達に会った時点でそうとうお疲れモードだった僕。

頭も回らず、おなかすいた、くらいの記憶があったくらいであります。


仕事のときのようなタイトなジーンズでは全然ない、とってもゆるーいワイドジーンズをはいて、地味ーなブラウンのシャツで、かかとのない靴、というまさに(まあ、早い話、ダサい格好なんですが。変に目立つより(浮く、という意味で)ましであります。この手の格好をしているときにたまたまバッタリ出くわしたカメラマンさんに以前、「どうしたのジェイ君?」と言われた経験もありっすからな)ゆるゆるモードで渋谷へ。

ちなみにその時のカメラマンさんのコメントは「どうしたのジェイ君?のあと「男の子みたいだよ!」でした。

や、男なんで。


で、昨日は最初に友達たちとパスタ食べに行き、ワインをボトルで空けました。
僕はお酒は飲まないのですが、昨日は少しだけいただきました。




おいしい料理と、お酒、友達があればほんと幸せですな。

おいしい料理とお酒、だけじゃやっぱりもの足りない。

そこに、人がいないとやっぱり何かが欠けてしまう。



しっかり仕事して、しっかり遊ぶ。

人とのかかわりを、もっと色濃く自分の仕事、料理の中に生かせたら最高ですな。
[PR]
by foodlovers | 2009-09-13 07:19
明日
明日は10月に発売予定の講談社さんからの料理本の撮影であります。
実際僕の友達を呼んで、みんなでごはん中の撮影になります。

友達が参加する撮影ははじめて。
デビとの撮影は2冊経験していますが、デビは友達ではなくmy broでありますからな。
(ちなみにデビと一緒の写真掲載の料理本は、今年6月末と8月半ばに発売となった韓流美人ごはん(講談社)とおひさまミルクと暮らしのだいじ(彩流社)です)

楽しい撮影になりそうです。

さあ、今月は19日、22日とQVCの方も生放送出演させていただきます。
また詳細はお知らせしますね。


ではまた!
b0118590_10194353.jpg

[PR]
by foodlovers | 2009-09-09 10:19
夏に別れを
b0118590_1672546.jpg




今年の夏は、僕にとって暑いと言うより熱かった。
今年の秋は、どんな秋になるのかな。

僕の人生において、いろんなことを一生懸命学んでる。
[PR]
by foodlovers | 2009-09-06 16:11
ジェイク
うちのジェイクが最近おしゃれである。


おしゃれとはいえ、1000円のティシャツと普通のジーンズで事足りてしまう男である。

間違っても日本の男の子たちのようなおしゃれさんというわけではない。

はっきりいって、日本の男の子たちのおしゃれっぷりは驚異的である。(たまに脅威的)

僕には到底ついてはいけない。


ジェイクが最近おしゃれなのは、単純に髪の毛だけの話である。

が、これがアメリカ男子にとっては、はっきりいってものすんごい進歩なのである。
いわゆるゲイの男の子たちは髪型にこだわるらしいが、通常の男は全くこだわらない、というのがアメリカの友達たちの意見。実際そうである。


別にジェイクがそっちに目覚めたわけでもないが、僕が以前のようにジェイクの髪を(てきとうに)切っていないので、当然最近はプロに切ってもらっているジェイク。


さすがプロ、実にかっこいいカットなのである。
横浜の店員さんにすすめられたワックスだかなんだか、教えられた通り使っている。

まじめな男である。

石鹸一個で髪を洗い、スタイリング用品とは全く無縁の僕にとっては、男が朝鏡の前でスタイリング剤と格闘する姿はなんだかとてもおしゃれに一生懸命に見えてしまう。


おー・・・がんばれよぉ。
っていうか、弟よ、早く仕事行けよ。


今日はもう、秋の気候でしたな。



もうジャケットも必要な季節。

洋服を秋冬物にチェンジする季節であります。
いい秋になりますように、と願いつつ(意外に古風なのである)ジャケットをガーメントから外へ。
どれももう5年来の付き合いのジャケットである。僕のジャケットは、どれもほんとにタフである。
10年たってもまだ着ているのであるから。

おしゃれだなんだというまえに、タフでありたいものですな。


今年もよろしくです。
[PR]
by foodlovers | 2009-09-03 00:10
こんなんもあります



先日の浅草の写真、別バージョンがこちらであります。


ジェイクもでかいけど、マティアスとアントンもでかいので、このようなことが可能でありました。
ちなみに写っていないけどうちのジェイクは僕を片手でひょいと持ち上げます。


あはは。それにしても、僕もデヴィッドも小さく見えますな。

今、仕事でてんぱっておりますが、根性での更新であります。

yey!
[PR]
by foodlovers | 2009-09-01 23:04