<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
merci,dan!!


ちょうど昨日ブログで書いたスイスにいる僕の親友からプレゼントが届きました。


えへっ。


ティシャツと、スイスのチョコレート(世界一であります)、それにフランス料理の本。

幸せであります。




さっそくチョコはジェイクが食べております。



で、今日は火曜日。

なにゆえ野獣はこっちに帰ってきているのか、謎であります。


すっかりくつろいで、赤ワインとチョコでなごんでる僕の弟・ジェイク。

兄がまだ仕事中だというのに、いい根性であります。


明日はネイトと夜ごはんを食べるので、そのあとダンが送ってくれたチョコは完全になくなることでしょう。ネイトはチョコレートに目がありません。


弟たちよ。


メタボるなよ。



ダンがプレゼントしてくれた本で、早速作ってみたいのですが。


・・・・。


フランス語っす。



・・・・。


フランス語、習得すると断言しましたが。
えへっ。すんまそん。

やっと挨拶できるかレベルにとどまり、みたいな。



今日は徹夜で、読解しますな。


merci,dan.
b0118590_22484411.jpg
b0118590_22492145.jpg
b0118590_2249594.jpg

[PR]
by foodlovers | 2008-11-11 22:50
男はやっぱり。男たるもの。
昨日、スイスに住んでいる友達のアドリエンとパソコンのメッセンジャーで話をしていたら、アドリエンがウェブカムを使って、画面に登場。


すんごい驚きました!
パソコンって、リアルタイムで会話できるだけでもすごいすごいと思っていた僕でありますが、画像までリアルタイムで登場するなんて!!

感激であります。いつもメッセンジャーで話をするとき、アドリエンとはウェヴカムを使っていなかったのですが、昨日いつものように会話していたら「そうだ、ちょっと待ってくれ」と彼が言って、しばしそのまま会話をしてたら途中で彼がパソコンの画面に生で登場。
それができるようにと何かインストールしていたため、ちょっと待って、と言っていたみたいで。


すごいなー。


すんごいおもしろい男、アドリエンですから、リアルタイムの彼の楽しそうな顔を見ながら、もう最高に楽しかった僕であります。



で、そのあと早速ダンがオンラインに。僕をつかまえてくれました。
ダンはこのブログにも写真で紹介した、今はスイスに帰っている僕の親友です。僕の一番の友達。
ダンは早速アドリエンとのことを聞き「待ってて、僕もできるよ」というからまさか、と待っていたら。

数分後、画面にダンが最高の笑顔で生登場でありました。
元気よく僕にむかって大きく手を振るダン。
もう懐かしさと3ヶ月ぶりに見るダンの元気そうな姿を見て、僕はうれしくて涙でそうでありました。

大興奮した僕であります。

ダンは画面のフレームを写真の枠みたいなのに変えたり、自分の顔の下あたりに天の川のようなキラキラを流したり、鳥のアニメを走らせたり、と画面のフレームを「こんなのもできるよ!」と変えてくれたので、僕の興奮は最高潮。すごすぎるパソコンっ。

で、僕が大喜びしてたら、ダンは自分の顔が写ってる画面のフレームをすんごい大きなピンクのハートマークに変えて(笑)思いっきりキスをカメラに口づけしながら送ってくれました。

あははは、と大笑いしてる僕の隣で、どんびきしてたうちのジェイク。

ジェイクは「what the hell・・・」といいかけて、そこでストップ。

ノリノリで遊んでいた僕たち二人をあんぐりとした表情で見つめておりました。


結局僕は明け方3時4時までずっとダンと話をしました。
ジェイクは途中であきれ果て、さっさと就寝。


ダンはどんなことがあっても自分の家族と親友である僕は絶対に守り抜く、と彼は断言します。

実際、ジュネーブの夜はエリアによっては公園が非常に危険地帯で、命の危険にさらされた経験もあるダン。そこでたむろしてる連中は人の命を奪うことなどなんとも思っていない、とスイスの友達たちはみんなそういいます。公園で数人の友達といるときに、数十人の連中に襲われたのです。僕の別の友達もそこにいましたが、彼は足がすくんで全く動けなかったらしく。
ダンはそのとき大きな怪我を負いましたが、それは1人で闘って、彼の友達を守ったから。
でもダンはその友達たちが親友だとは言いません。ただ、ものすごく恐かった、といいます。
一緒にいたほかの友達も、その話をするときはさすがに最悪の状況を覚悟したとか。

ジョディフォスターが昔でていた映画で、公園でフィアンセと二人でいるところを少年の集団に襲われ、めちゃめちゃにされてフィアンセが結局亡くなり、主人公の彼女も瀕死だったというのがありました。命をなんとか取り留めた彼女が、恋人の復習のためそのギャングを探す、というストーリーでした。


あれらの犯罪は、映画の中の話ではなく、現実だと僕の海外の友達たちはみんな、そう言い切ります。


実際にその悪夢を経験したダンだけに、彼の口から、また日本に行ったら、僕に何があろうとも絶対に自分が守ってやる、という言葉の重さはすごいものだと思います。実際そのためにカンフーの訓練をスイスで続けています。ダンはものすごくまじめな男の子です。
自分が傷つくより自分の家族や親友が傷つくほうが許せないという男の子です。まさに、ザ、男、だと僕は思います。

強がりやはったりで言えることじゃない。
僕は彼のあのピュアでイノセントである部分を尊敬しています。

尊敬しながら、僕はそれを対読者さんや、消費者様のことと置き換え、日々闘っております(いばりっ)読者さんや消費者様に、絶対僕は損させない!

お、熱くなって来ましたな。


で、


エカにダンが日本に来たら、一緒に住むことになるよ、と言ったら「いいんじゃない。でもきっとジェイクが怒るわよ。あの子いつもあなたと暮らしたいって言ってるじゃない」と。

そうっすな。が、僕はいまだ拒否、みたいな。

さらにっ。

「それにネイトも高校卒業したらあなたと暮らしたがるんじゃない?大学あの子日本でしょ?きっと東京じゃないの?」


・・・・。そうかも。
ってか、そうっす、みたいな。


えへっ。


「ところで彼はいくつなの?」とエカ。

「ジェイクより少し下。ネイトより少し上。」21歳だもん、ダン。


「そう、じゃハニー、4兄弟よ」


・・・・。
引越し、覚悟ですな。





・・・。一生懸命、仕事しないとですな。




僕は今、お金とか成功とかうんぬんよりも
常に何か人のために生きられるような男になりたいと思っております。や、まじで。


僕のこの思いや答えは
来年様々な僕の関わる作品や商品、イベントなど僕の仕事を通じて、役立てていただけるものを皆様にお届けできるよう、最大限の努力を今しておりますからな。あと少々お待ち下されな。


僕には世界平和に貢献できるようなだいそれたことはもちろんできないけれど。
食や料理、暮らしのあり方を精一杯表現することで、誰かの暮らしにささやかながら何か、何か自分の仕事が生かせてもらえたら・・・


最高ですからな!


とにもかくにも時にクールに(?)時に熱く(!)
「日本女性のきれい」を叶える健やかな暮らしとその食生活を、精一杯、友達に恥じない真摯な姿勢で各方面からサポートさせていただきますな。


写真はとあるサンプルを、とてもシビアで厳しい視点からチェックしている僕であります。
みなさんに、早くお届けしたいっす。

b0118590_17594021.jpg

[PR]
by foodlovers | 2008-11-10 18:10
austere refinement &quiet simplicity...love japan
u guys want know about japanese culture..

austere refinement.......we say wabi.

its kind of a frame of mind in which spiritual richness can be found in a simple and tranquil.the mentality molds an important basis of the traditional japanese ceremony,,,,i mean, tea ceremony.
i love it ,really.

and guiet simplicity,we call it sabi means..

a poetic ideal fostered by Basho in haiku in which profound meaning can be found in the detached and the dis passionate.evocaitons of quiet simlicity in painting are seen in scenes of desolation.japanese people have the notion from birth ,they say..

i really like japan.as japan has gave me the oppotunity to be who i am today...


i hope u to know japanese culture and their thinking of way a lot.
b0118590_20552783.jpg

[PR]
by foodlovers | 2008-11-09 20:55
野獣ジェイクの観察日記135

今日は夜ジェロームと外でごはんを食べてきました。
今帰ってまいりましたっ。
朝晩、本当に寒くなりましたな。

コート、もう出しても大丈夫そうであります。


えへっ。

コートラバーズの僕にはうれしい季節であります。


が、うちのジェイク。


このクールな気候の最中、


ティシャツ一枚生活、いまだ満喫しております。


・・・・。

「ジェイク、まさか今日その格好で出かけないよね?」(英語)

「だいじょぶ」(日本語)


・・・・・。




シュレックよりさらに緑のダウンを(無理やり)登場させる日は近いですな。


ジェイクは今シャワー中であります。


・・・・。

今日こそ何か着て寝させますな。





な。

to be continued..
[PR]
by foodlovers | 2008-11-09 00:00
野獣ジェイクの観察日記134
柿。

毎日食べております。

朝はとにかく旬の果物てんこ盛り食べたい僕。(とジェイク)


せっせと八百屋さんで日々新鮮な柿をこの時期は買っております。



今日はジェイクが柿を買ってきました。
「ノリック、ただいまっ」

・・・・。

b0118590_1937137.jpg


木曜日なんっすけど、今週は一日早くジェイクがうちにやって来ました。


僕は結婚しても妻と住まない男であります。仕事上の理由などもあり、
理由はいろいろあれど、それはエカも理解してくれております。

でもそれを理解しないのはうちの弟、ジェイク。


ガンガン僕の空間に生活感を投入しまくりであります。
もはや僕はエカよりジェイクと過ごしている時間のほうが長いと思います。


その野獣はただいま柿をむいております。


でかいそのうしろ姿を見ていると、あの身体で小さな柿をむいてるのか、と思うと笑えます。


が、ジェイクの場合、むきながら食べる、という神業同時進行なため、ひとつ柿をむききった姿を僕は見たことがございません。きれいにむいているのかは謎でありますが、少なくともある意味とっても器用では、あるようです。


お、野獣は今こっちの見つめる気配に気がついたのか、振り返りました。



・・・・。

再び背中をむけたジェイク。

おしりふりふりしております。

謎。




今日はこれから晩ごはん作ります。


柿の白和えと柿のキムチを作りますな。


ジェイクは僕の柿のキムチが大好きであります。

柿でキムチ??と、どんびきされても困るので、まだレシピはみなさまに公開しておりませんな(笑)


そういえば僕はアメリカ人の弟やヨーロッパの友達たち相手といえど、当然好きな韓国料理をよく普段から作りますが、
最近明らかにオーガニックやらスローやらを意識しすぎてヘルシー指向だけはめっぽう高いニューヨークのコリアン料理のようになっているような気がします。もちろんおいしさは絶対条件でありますからこれはこれでニューバージョンということで。えへっ。



お、そういえば僕、「今」の僕の韓国料理レシピをみなさんにお届けしたいところでありますな。
一番最初に、僕の第一冊目としてソニーマガジンズさんから出させていただいたおいしい!韓国レシピのニューバージョン。
おいしい!韓国newレシピ、みたいな。その際は、名前は日本での通称名ではなくて、堂々とJ.noric.でいきますか。


あれ、そしたら誰も新作だと気づいてくれないかも。



あれれ。


てへっ。

to be continued.
[PR]
by foodlovers | 2008-11-06 19:37
財布
b0118590_16233735.jpg





ジェイクに財布を買った僕であります。


どうみてももう限界だろう、というところまでジェイクの財布が来ていたため、もうそろそろかな、ということで。



バックを持たない男の場合、財布はおしりのポッケに突っ込んだりするからほんと型崩れも早い早い。


僕自身は普段長財布(同じものをもう5年以上使っているのであります)なのでポッケに入れることはないため、ジェイクの財布を見ていてこのことは改めて確認した次第であります。


で、それならば、というわけで。

一番丈夫な革の財布をプレゼントしてやろう、と決めた僕。

で、ジェイクには茶色。僕が時々使っているやつの色違いであります。

僕のは黒です。普段僕は長財布でも、どうしても財布をクラッチみたいにそのまま持ったり、またはバックに入れて持てないシーンで二つ折りは活躍であります。写真で見るとすんごい新しいものに見えますが、もうこの財布とも5年近くのお付き合いでございます。


ま、相変わらず僕は物持ちのいい男でありますな。

プレゼントしたら、ジェイクもずっとこれから使うでしょう。

喜んでくれそうであります。


お、そういえば今日のテレビニュースで大規模なアンケート調査結果が報告されていました。
クリスマスプレゼント調査であります。日本の
女性が今年、男性に望むクリスマスプレゼントの平均金額はなんと、5万円だとか。
で、自分が男性に贈るプレゼントの平均は2万円ちょっと、だという結果。

・・・・。

微妙。


なんか、微妙に不公平感が否めませぬ。あはは。

いずれにしても、大変でありますな、男子。


お、僕はクリスマスに高価なプレゼントなんぞはないっすよ。
もともとクリスマスが恋人行事でなくて、家族のものなので、エカが高価なプレゼントを望むことも僕が贈ることもいつもありません。
アメリカでは家族間で何かしらプレゼントし合いますけどね。



贈り物は・・・・・

負担ではなくて


お互いの喜びであるべきだ、と僕はいつも思っています。




12月になると某宝飾ブランドのお店がカップルで満杯になるのはやっぱり不思議なわけで。




一緒にごはん、が最高の贈り物になるという認識が
うんとうんと広がることを望む僕であります。



がんばりますな。


てへっ。
[PR]
by foodlovers | 2008-11-05 17:07
野獣ジェイクの観察日記133
ハロウィンでしたな。


先週ですけど、みたいな。


うちのジェイクは金曜日だったということもあり
仕事が終わってその足でうちに。

ピンポーン、となったのでモニターを見たらジェイク

へんちくりんなハロウィンの帽子を被ってました。


・・・・・。


見なかったことにする。


つまり無視。


えへっ。


再びチャイムを鳴らすジェイク。


ま、このままほっといて誰か他の住民がびっくりしたら大問題である。


鍵、解除。


えへっ、みたいな顔して到着したジェイク。

「・・・。ジェイク、今日仮装すんの?」(英語)
「もちろん!買ってきたよ。ノリックのもちゃんと。お、いい匂い、今日何?」
・・・・・。やっぱり僕もっすか。

「タイカレー。赤と緑2種類作ったよ。かぼちゃのチーズケーキもあるよ」
「おお、いいね。じゃ先着替えて」

・・・・。

まじっすか。



サリーちゃんのパパもびっくりのへんちくりんな格好をして夜ごはんであります。



ハロウィンの日には魔が降りてくるからその魔よりも恐いカッコウをして魔を追い払う、とかなんとかで。



っていうかジェイク、きみは十分、ある意味魔より恐いんで。


タイカレーを赤、緑、赤と大盛り3皿平らげ、チーズケーキ丸ごといってるジェイク。


白ワインがうまいようで、上機嫌であります。



えっとー・・・・・。



ところでジェイク、今日のその格好は、何?の仮装??

アンパンマンじゃ・・・・ないよね。
かなりブラックな。







ま、ハロウィンの夜は弟ジェイクとすごすのが一番ですな。


これ以上の魔よけはないっすから、みたいな。


てへっ。


to be continued.
b0118590_2322746.jpg

[PR]
by foodlovers | 2008-11-04 23:15
パソコンピンチ!
パソコンがあきらかに故障しております。

いろいろ不具合だらけ、なんですが、僕が困るのは
入力すると、日本語入力ができないことが多いのであります。マウスも全然使えません。キーボードのほうの、マウスです。ノートパソコンっす、僕の。
今、ちゃんとローマ字入力になっているのでこのすきに、とばかりブログ更新であります。
使えるときと、全然動かないときとあるのであります。

センターに故障の連絡をしたところ、リモートコントロールでまず直すから、とかいって、指示を受けたのですが、そのときあるランプが点滅していたため強制終了もできなかったため、そのランプが消えたら強制終了して、もう一度電話をください、とサポートセンターの方に言われました。

で、電話したら6時半までの受付、だとか。
シャープさんのサービスセンター、もっとがんばってくださひ。がっかり、みたいな。いまどき
24時間サポートくらいしててくれないと、どう考えても午前中から夕方6時半までなんて、普通はユーザーはまさにその時間、働いている時間ですから。どうやって問い合わせるのさ、みたいな。



結果、こんな事態に。

仕事のメールもすごく苦労しています。


それはそうと、31日はハロウィンでしたな。


パソコン調子戻ったら、お伝えしますな、あの日のできごと。


では、今日はこれで失礼しますな。
[PR]
by foodlovers | 2008-11-02 00:13