<   2008年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ただいま!
ただいま!であります。


本日、無事午前中海外からのみんなと遊び、午後打ち合わせにむかい、またそのあと5時から再び海外チームと僕は戻って合流してすごし、今帰ってまいりました。

明日はまたみんなと夜会います。


ブラジルからのみんなは、ほんとすてきでしたねー。楽しくて。
やっぱりあのノリは大好きです。ただしブラジル語とポルトガル語(厳密には彼らいわく違うらしいです)がまったく僕が理解できず、うーん、もどかしい!と思いました。


それはそうと
どでかーいサングラス(パーティーグッズ売り場でクレーベルくん大感激)したものを即買いし、その場で包装紙破って彼はつけました。まわりびっくりです。

ものすっごーいありえないビックフェイスです。顔がほとんどおおわれるようになったものです。パーティーグッズですからねー。


いろいろまわって、買い物して、はしゃいで。


いい時間でありました。


明日は夜、テンション高!で誕生会に臨みたいかと。
明日はクラブにも行きたいそうですが、どう考えても六本木に繰り出すと次の日朝1での函館行きは無理です。帰り際ふと思いました。

ジェイクと同じ23歳の日本語ができたので僕と話せた次男ヒッキーくんが、やっぱりとても、ういういしくてピュアなので「ああ、やっぱり23でもまだまだ子供なんだな、かわいいもんだな」と思いました。素直で、明るくて温かです。僕の23って、とても生意気だったのに・・・。

日本はもう7度目だそうで。
ドンキホーテでどでかい旅行用スーツケース2つ買って他の荷物とともにラッシュの山手線乗り込んだ勇姿には感動しましたが。
でも彼が「日本の女の子はクラブでなんて誘えばいい?」と聞いていて。
かわいいもんだなあ、と思いました。

あとでジェイクに僕はそう言うと「ふんっ。僕にはかわいいなんて言わないじゃないか!同じ歳だぞ」と
ぷんぷんしております。


ジェイクといえばですね。書いていたら枠足りないだろうくらいの大変なことになっております。
ばっさり削除。えへっ。

それから今日まじめなお仕事の方ではですね。




僕、ここ2年間、まったく言えなかったことを、ある人に今日、お仕事のあとで喫茶店で話ができました。


やっと言えたという感じです。




僕はですね。


基本人をあてにしたりする人間ではありません。
だからいつも一人がいいし、楽だと思っていました。


今もそれは変わりません。

ただし、今の僕は「人と関わる」ことの大切さや喜びは、強く感じております。

僕が今後何を仕掛けようが、人を大切にし、周りの幸せを考える男に成長したいと思います。



その人との出会いと、ジェイクをはじめいろんな人たちとのプライベートでの出会いが、僕をそう考えさせてくれています。

ありがたい話です。


でも話変われど今日はえっらい顔がひりひりしております。


日焼け止めも塗らず晴天のもと帽子もかぶらず歩き回った僕。
久しぶりでっす。

それだけに顔いたいんですけど。紫外線ダメージマックス、みたいな。


あんま今日は気にしない。気づかなかったことにしよう(無理無理)


それよりそういえばいまどきの男子はクラブで何って誘うでしょうね。女子を。



人に聞いたら「クラブだったらそりゃダイレクトでしょ」とか。


ふーん。


僕も大人になりましたね・・・。



にしても今日みんなを見てて思いました。

ジェイクの彼女見つけないとです。

ジェイクも23ですからね・・。




ではまた!
[PR]
by foodlovers | 2008-01-30 21:00
楽しみでっす
本日、2度目の更新であります。
だから
このブログ見たあなた、忘れずこのひとつ前のブログもチェックしてねぃ!(もはや別キャラ)




さあさ、明日はいよいよラテンの国からはるばるいらした8人の外国人の方々と遊ぶのであります。わーい、おもしろそうだー。

朝1で都内某所に出没であります。
で、一日かけて遊びまわる予定でありました。
秋葉原とか行きたいと海外からの方々らしくリクエストがあったようで、僕もいわゆる「メイドカフェ」とかいう場所は初体験であったためメイドとかいう「怖いもの見たさで」でノリノリでした。


めちゃめちゃ楽しみにしておりました。が、今日の昼間に携帯が。

明日1時より、仕事が入ってまいりました。

えへっ。


僕は午前中でみんなとあっという間にバイバイ、いえ、ポルトガル語ならおそらくチャオ!しなければなりません。


いいんです。いつものことですから。

それに仕事で1時に打ち合わせに向かう先には僕の大好きな人たちがいます。
その遊んでる場所から来るまで15分以内の場所なので、移動も簡単。


あさっては都内所レストランでその海外からの中の一人、クレーベルくんのお誕生会のパーティーがあります。

僕も参加、命かけてます。

いきなりキャンセルは絶対できません。

楽しみですし。失礼になるから。なんとしても行きたいところであります。



いろんな人と今年はどんどんからんで、楽しみたいと思っています。
そのうち、イタリア語、韓国語、英語、日本語、なんでもきやがれ状態になっていると思います。
よしんばフランス語なんぞもマスターしたいところではあります。


インターナショナルな料理研究家第1号であります。50歳くらいになったらねー(おそ)


僕というある意味「よろい」をかぶってた人間を、もっとオープンにして、素敵な人たちともっともっと時間を共有したいと心底思ってます。

若いころ全然遊べなかった僕。仕事命、でしたから。
それは今もそう。
でももう「よろい」はいらない。

裸で飛び込むのであります。


よーし。みんな大好きであります。


えへっ。
[PR]
by foodlovers | 2008-01-29 20:45
野獣ジェイクの観察日記27
「ジェイクやっぱりそれおかしいよ」

「そうかな、おかしい?」

おかしい。


ジェイクはスーツが似合わない。

っていうか、顔は幼いが、体がマッチョなためなのだろう。

まるで遅れましたけど七五三です、えへっ、という状態である。


急にジェイクがまたスーツ必要となったため(なんでもジェイクパパとどこかへ同行するらしく)
選んでいたのだ。


パパさんのリクエストは紺にピンストライプである。



が、ジェイクにはそのストライプの幅がむずかしい。

幅が広いと「遊び人」みたいで品がないし、かといって細かいと窮屈そうで怖い。

檻からでたがる野獣みたいだ。



もちろんこのコメントは英訳しない。殺されるから。



「うーん・・・」


困ったな。だいたいからしてピンストライプはもう少しキャリア積んだビジネスマンとかでいいんじゃないの、パパさんみたいな、と思ったが。



困った僕を、困った顔して見ている野獣。

あ、君は困らなくていいですから。僕が考えますから。



やっぱもう少し考えよう。
そんな安い買い物でもないんだし。


そのときふと気がついた。


ん、ジェイクの眉毛、である。


抜きたい・・・・。



そうである、ワイルドすぎて無法地帯である。


も少し余分なまわりを抜いたらスーツ着ていてもちょっとはおかしくない。
今はワイルドすぎてきちんと感もあったものではない。
整いすぎた眉は嫌いだが、これはいきすぎだろう。



よしっ。


「ジェイク、今日眉毛抜いてやる」

「え?」


問答無用である。

夜。

さあさ、結構痛いんですよー。僕も数ヶ月に一度、片方につきわずか2本程度づつ抜くのでわかります。
中途半端にチクッていうのが嫌なんですよね。

「ジェイクちょっと痛いよ」
ときどきすごく痛いけど。

「うん、痛くしないでね」

まかせて。してやる(鬼)





その通り、結構やっぱり痛かったみたいで。


「ノリック、わざとしてない?してない?」

何度も確認するジェイク。
兄を信じろ。

「してないさ!」

なわけないじゃん(また鬼)
ちょっとね。えへっ。毛穴と逆にひっぱってみました、みたいな。




でですね。これが結果、結構さっぱりとした印象になりましてですね。
眉毛ってやっぱり顔の中心だと再確認。


ただいまジェイク、チーズケーキとショートケーキとプリン混ぜたような「濃い」顔から
一部分だけさわやかな風、ふいてます。


痛そうに目をしょぼめるジェイク。


僕が髪切ったあと見て
「ひよこみたい!」

と言った罪を思い知れ(極鬼)




えへっ。



to be continued.
[PR]
by foodlovers | 2008-01-29 08:38
thank you


業務連絡。
業界関係者および友人のみなさん、メールありがとうございます。


僕はさらにさらに表現の道に精進し、いい作品つくりに身を削りたいとあらためて思っております。

で、ここから本日のブログであります。

まずは、ブログを読んでくれてるみなさんもありがとうございます。

みなさんとメッセージのやりとりや触れ合う機会がないものかと、今一生懸命相談しておりますところであります。



ちなみに昨日のブログから「写真のブルーの服かわいいですね」とコメントくれた編集のEさん。

あれ、アディダスですから。

別にステラマッカートニーとアディダスのコラボレーションラインの「おしゃれ」なものではなく
まじで「アディダス」ですから。


つまり、中学生高校生が購入するであろう「本気スポーツ」ラインのアディダス。


えへっ。



ええ、ええ、ここ数日の僕は今、本当はとても悲しい思いでいっぱいです。
まるで心がフリーズするかのように、冷たい心を抱えております。
が、意地でもブログは盛り上げてまいります。
それが僕の仕事です。



本日は「ラブインクック」アンド「フードラバーズ」の担当編集者のDさんよりお花を届けていただきました。


男のくせにといわれようが「花好き」な僕はさっそく飾って喜んでおります。
ジェイクに食されぬよう、しっかり見張っていないと。



今日はエカとエカパパとジェイクと4人で一瞬会いました。
一瞬だったのは、エカが仕事だったから。それに
とてもじゃないけど僕は会えるような精神状態ではなかったのですが、ここは男としてひとつ、踏ん張ってみました。



エカとエカパパ、ジェイクの誕生日祝福のキスを受けました。
調子にのったジェイクには、僕は唇奪われました。

ある意味、エカパパとジェイクのキスは「罰ゲームか?」のようで。


エカ、ここは笑うところじゃないから。

と思った僕。

笑ってないで、この2匹だか2頭の野獣から僕を助けろ。


と。

ご想像通り(アメリカンに比べると)ちっちゃい僕。そのまま吸われて飲み込まれるかのようです。
ちなみにエカも身長174センチ。


ちなみに僕は最近、アジアの大きいと言われる男性を見ても、本当にコンパクトに見えます。


ジャッキー・チェンのCDセレクト事件以来(前のブログ参照)エカパパ、つまりジェイクパパへの僕の印象はきわめて野獣より、であります。




とにかく。


僕は今、すべてを飲み込んで35歳のスタートを切っております。

みなみなさま、どうぞ次なる歩みをご期待くださひ。



ただいま、本気走りしておりますから。



ではまた。
[PR]
by foodlovers | 2008-01-27 22:47
野獣ジェイクの観察日記26
1月26日。

今日は僕の誕生日です。

ジェイク観察日記も26.
僕は26になりました(うそ)


ちなみにこのブログの僕の顔写真は、去年の1月26日に撮影したものです。
写真はラブインクックで使用しています。
そのカメラマンさんと昨日、ご一緒して撮影でした。

なんだか不思議な偶然です。


昨日は失礼しました。


案の定、僕は午前零時を回るとき、つまり誕生日を迎える瞬間もまさに泣いていました。

「どんだけ泣くんだ」というくらいの止まらぬ涙で。

もちろん合間合間に泣き止んでいましたが、なんかしてて気がつくと泣いてるし、みたいな。


一人でベッドの上でなくなってしまったと考えただけで、今も泣きそうですが。



とてもいい表現者が一人、いなくなったわけで・・・。

本当に寂しいですね。



が、しかし。

僕は本来泣いている姿を見せてはいけません。
小説、フードラバーズ自分で思い出してました。
大地がいたら、ツグミにはきっと「プロなら泣いてる姿を見せるものじゃない」というでしょう。
僕はツグミでないけれど。

にしても今日の僕の顔「誰!?」ってくらい泣きはらした目で。

おーい、目開いてるかー?というかんじで。

なんて誕生日だ、ってかんじです。



ジェイクはですね。

昨日いきなり僕がパソコンにむかって大泣きしだしたため、それはそれはあせったようで。

ジェイクびっくり、みたいな。

そりゃそうでしょう。自分より10以上歳の上の男がいきなり泣くんですから。本気で。
女の子の涙くらい経験あるであろう(たぶんね)ジェイクもさすがにこれは予期せぬ事態で。

「おろおろ」

「あわあわ」

というかんじで。

「どうして泣いてるの?」「何があったの?」「どうしたの?」と必死です。
「おなか痛いの?」とか。
って馬鹿。


ジェイクは必死です。

僕は正直なにかのスイッチが入ったようで、もう涙が止まらない。

今思えば、昨日の涙はヒースレジャーに対する追悼の意と、彼がなくなったという本当に残念な気持ちと、自分が生きていることへのたまらない懺悔の涙だったと思います。これはヒースレジャーには関係なく、僕本人の孤独ですが。




まあ、僕もプロとして、悲しんでないで、昨日のこと観察日記にしますけど。

えへっ。



ジェイクは理由を聞きますが僕は答えず。

涙はまさに、大粒であふれては落ちてる状態で。

隣に座って僕の背中をさすったり、頭をさすったり、肩を抱いたり。
ジェイクは大変です。



僕は無視します。というか、何も感じていなかった。
哀しすぎて。

でもだいたいからして、今考えると人の前で泣くなんていったい何十年ぶりでしょうくらいなもので。


まさか野獣の目の前とは。


少し落ち着いてから、僕はジェイクに今日はもう横浜に帰るようにいいました。


僕は、つらすぎたのです。いろいろなことがいろいろな意味で。


自分が生まれてきたのはやっぱり間違いだったかも、とまで正直思いましたから。


ジェイクは言いました。

「絶対帰らない。つらいときこそ家族と一緒にいるものじゃないか」と。

家族という言葉が、僕にはとても重く聞こえました。


みなさんにはさっさと言っておきますが、お気づきの方その通り。
ジェイクはすでに、僕の弟です。


僕は黙ってまた泣きました。


ただ座って時間が流れて。


ジェイクのおなかがなる音で、はと、気がつきました。


ジェイクえへっ。

「・・・。」


そうだそうだ。ジェイクはごはん食べてない。
食べさせなきゃ(えさの時間)



泣くのをやめて、さすが料理人、スイッチ入ってあっという間に晩ごはんです。

今日はオール韓国で。
ジェイクは普段横浜でアメリカ料理ばかりなはずなので。

石焼ビビンバと、大根とたらのクッ。(スープです、韓国の)
豆腐のチムと、ズッキーニのジョン。それにプルコギです。これはお皿に盛るスタイルで。

で、座ってまた僕は涙。



ジェイクまたびっくり。
「どうしてまた泣くのさ?」みたいな。


すいません。えへっ(とはもちろん今だから言えますが・・)




泣きながらごはん食べて、片付けものを。
ジェイクがいそいそ手伝います。

洗い物隊長なので。


で、また涙。

ジェイクぼーぜん。


次の日は朝が早いので、めちゃめちゃ早く寝ることに。
っていうか泣いていて起きていても仕方ないので。


12時をまわり、僕はベッドの上でも泣きやまず。
泣きながらのバースデーです。


ジェイクが僕の後ろで「ハッピーバースデー」歌ってました。




「I’m not happy.This way」


僕は泣きながらぼそっと言ったのに。

後ろから思いっきり、はたかれましたわ。




おそるべしジェイク・・・。


to be continued.
[PR]
by foodlovers | 2008-01-26 20:06
どうか安らかに


今僕は泣いています。

かなり激しく。ジェイクもどうしていいのかわからないようすです。
僕はジェイクを無視します。



パソコン画面だけを今、メールしながら打っています。


明日は僕の誕生日です。

今日撮影のとき、カメラマンの女性がふと「ヒースレジャーがなくなったね」といいました。


ヒースレジャーは僕も作品に感動し、将来に期待している俳優の一人でした。
台詞と台詞の間を伝えられる数少ない役者さんだと思っていました。



ヒースレジャーがなくなったのは、アパートで、一人で、だそうで。

たった一人で。

睡眠薬と抗ストレス剤などの過剰摂取が原因かもしれないと。
自殺の可能性は低いとか。



撮影が終わって、苦手なパソコンでそれを知りました。

睡眠薬や抗ストレス剤。
その裏にある彼の努力と苦労が僕の中に飛び込んできました。
痛いほどわかります。


と同時に、残された彼の近しい人の深い悲しみが、僕の中ではじけては続きます。



涙があふれてとまりません。


たった一人で、なくなるなんて。


どんなに哀しい話でしょうか。



涙があふれて止まりません。



僕の誕生日前には、いつも楽しいことはありません。

今回は、世界的な俳優さんのニュースで、僕個人のものではないのに、この悲しさは、きっと過去からのさまざまな僕の中の個人的な悲しみの記憶の蓄積が重なりはじけている涙でしょうか。


涙が止まりません。




僕は若かりしころ、東京に一人で飛び出してきました。
何もない0以下からのスタートは「身を削る」どころではありませんでした。



35年生きてきても、本当に楽しかった記憶が、正直僕にはまだありません。
将来あるとも思っていませんが。

けれどこの仕事をさせていただき、たくさんの方に触れ、自分の居場所ややりがい、役割をみつけ、頑張ることができました。




ヒースレジャーというすばらしい役者さんも、きっと役者として自分のよりいっそうの夢や目標もあったことでしょう。



そんな彼が、たった一人でなくなりました。


なくなりました。



たくさんのファンや愛する人を置いて。






今日はジェイクをこのまま横浜へ帰らせます。
ついたばかりですが、帰らせます


僕の涙はおそらく一晩続くでしょう。






ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by foodlovers | 2008-01-25 19:59
髪の毛
髪の毛切りました。


またまたばっさりと。

この前もそうとう切った、と書きましたがそのときよりもっと。

おそらく別人かと。色も黒だし。


切ってくれた担当のKさんも言っていました。
イメチェンですよねーと。



前髪を思い切り作ってもらい、後ろの毛も昔のようです。25歳に逆戻り。




正直、まずい!と思いました。明日は撮影ですし。
切ってもらってから、やっぱりせめて前髪は切らない、作らないほうがよかったかもと思いました。

子供みたいになりますから、僕。いい歳なのに。



切った帰り友達とカフェで待ち合わせしました。
頼んでおいた資料を渡してもらうためです。
その友達は

「なんで!!」

が最初の言葉でした(涙)


「変?」

「変。絶対変。違う人かと思った。イメージが全然違う」

だそうで。


「ジェイは長い方が似合うよ。ある程度長いほうが絶対いい。それじゃ短すぎ。男の子みたいだよ」


だそうで。

や、男っすけどね、僕。一応。



返す言葉がありません。



「でもよく切ったよね、いきなり」


そこまで言われるとつらすぎますけど。

カフェでジェイクから電話がありました。
しばし会話のあと、僕は今日髪をかなり切ったとジェイクに言いました。ジェイクがデジカメ持っててるから今の髪のブログの写真もとれないよ、と抗議かねて。

ブログで呼んでくれた方は覚えてますか?ジェイクは「誰だよ?」と前回髪を切った直後僕に言いました。それより僕はさらに切ったわけで。

ジェイクにも想像はつきます。


「なんで?またもっと?切る必要があったの?」とジェイク。
「なんとなくね。切ってもらった」

「・・・。ノリックはもう少し考えなきゃダメだよ。一番最初に会ったときの髪が一番似合ってたよ」

長かったですねあのころ。



うーん、でも女性は圧倒的に短い髪のほうがいいとか言いそうだけど。





なんかちょっとテンションヒク、な僕であります。





ではまた(えーーー、これで終わりか、みたいな)


えへっ。
[PR]
by foodlovers | 2008-01-24 20:17
真夜中の訪問者


昨日の夜、といってももう深夜。

お風呂入ってふーっとくつろいでいたら玄関のブザーが。



いたずら?と思いつつモニターを見るとこの前映画を見に連れて行ってくれたHさん。



モニター前でバタバタ手を振ってます。あはは。


どうぞ、と鍵を開けました。



「この近くを通ったから」
ということで寄ってくれました。


僕の部屋に入るのは初めてです。

暖房がついていないので「ジェイ君今帰ってきたの?」と彼。

「いえ、ずっと前です」

暖房苦手なので。

でも来客なので、オイルヒーターつけました。


全面ガラス張りのお風呂に大笑いしながら一通りうちの中チェックした彼。



へー、とか、うわー、とか。


子供みたいです。


「ジェイ君って生活が想像できなかったけど、これでやっとわかったよ少し」
と満足気です。


「そうですか?」

あまりしゃべりませんからね、僕。

「何飲みますか?」

「ワインある?」
「白なら!」


雑誌社から贈っていただいた、賞をとったとかいうワインです。

あ、まて。ダメ、彼は車だ。


「あ、だめです。車だから」

「そういうと思って一応聞いたんだよ」と彼。
「紅茶くれる?あったかいの」



オッケーです。



今株やなんかが下がったりで、いろいろ彼の会社もあるようです。
話してて、それは感じました。


でも印象的だったのは

「まあでも、飯食えてるから全然いいんだよね」


そうです。そのとおり。



もうこの際、細かいことは気にしないでいいと思います(爆弾発言)


僕はそうゆう生き方です。



パソコンの写真アップすることは彼に見てもらいました。
デジカメの画素数の設定を変えればいいらしく。
その今の設定で写真とっても重過ぎてアップできないとかなんとか。

意味わかりませんが、そうらしく。


そのデジカメ、ジェイク持って行ってますから、みたいな。

あのドあっほ。
今なら設定彼に変えてもらえたのに。僕では絶対無理です。


とりあえずパソコンに残してあったジェイクの写真を見て「誰これ?」と彼。

うちの野獣。


とは言えず。


「義理の弟です」(未来の)



「へー、ナイスガイだねー。モデル?」


と彼。

(馬鹿)ジェイクがいたら、きっと喜ぶことでしょう。


さあさ、ジェイクが撮ってきた写真が今度アップできるかどうかお楽しみに。
何撮ってくるかも謎ですが。
っていうか、どのみち設定が今のまま撮ってくるでしょうから、きっと無理かもですが・・・。


しばしお待ちを!


ではまた。
[PR]
by foodlovers | 2008-01-23 19:58
スジ肉大好き

タイトルにスジ肉大好き、と打ったら、なんとパソコンの変換では漢字で筋肉、になります。

これって、すじ肉のつもりが筋肉と変換されており、そうきっと読まれます。

つまり筋肉大好き(きんにく大好き)みたいな。

これじゃどんなナルシストだ、って話です。
もしくはそっちの人。
ブログ見た人びっくり、みたいな。

でも何度変換してもすじにく、を変換するとでてくるのは筋肉。
みなさんのパソコンでもぜひどうぞお試しを。すじにく=筋肉と変換されると思います。

これではスジ肉と読まず「きん肉」と10人いれば10人読むでしょう。


スジ肉、ですから。誤解のないようにカタカナに変換しました。



牛スジの煮込みは僕が大好きな料理です。
最近よく作ります。
甘辛くメリハリよく煮あげるのが特徴でにんにくやねぎをたくさん使用して、韓国の伝統の味を再現しております。中途半端な味付けではスジ肉はやっぱりおいしくない。

おでんのスジ肉はあっさりでもおいしいけど。あれは細かいから。

僕が煮る場合、存在感ありありの大きな塊で煮ます。
食べ応え、あるから。子供のころ食べていたように。




近所の小さなお肉屋さんで、いい牛スジが売られるようになり、最近せっせと買っては作っております。たまたまその肉屋さんに宅急便出しに行って、スジに気がつきました。
「最近いいのが入るようになった」とかで。



僕は小さなお店が大好きであります。
売り手の顔が見えるから。
子供のころのように。


以前テレビの出演依頼で「高級スーパーに車を乗り付けてさっそうとスタイリッシュに外国産や高級食材を買って登場」みたいな企画がありました。

まず。

僕は車、運転できませんから(ペーパードライバーの中で、おそらく世界一ペーパーだと)

それに車、持ってません。
山手線でよければ。


外国産はあまり買いません。国産命ですから。

高級食材も場合によります。



どんだけセレブキャラやりたいんだろうか、というセレブモード全開企画でした。



フォアグラやキャビアより、スジ肉命、な僕であります。



先日デザイナーの女性3人に言われました。


「セレブな生活あこがれます」と。



セレブとは世界的に「有名、著名人」であって、リッチとかラグジュアリーな人を言う言葉ではありません。日本ではお金持ちイコールセレブ、みたいに解釈されてしまっていますが。

あきらかに「リッチな生活」のニュアンスでした。


だからそう言われたとき正直どう答えようか迷いました。

否定するのも肯定するのも難しいから。
彼女たちの憧れを否定したりしてはいけません。
夢を壊してもいけない。



セレブリティにあこがれている方も多いと思います。

でも一番大切なのは


今の自分で十分なことにまず、自分が気がつくことだと思います。

あとはその今の自分をいかにどう魅力的に素敵な人間に見せるか、だけの話ですから。
厳密には見せるだけでなく、なる、という話なのですが。



僕自身20代なんて、自分にあるものに気がつかず、ないものばかり求めて苦しんだ人間です。


でも、スジ肉を煮込んでいると思い出すんですよ。
田舎の僕の母親のことを。




ハッと我に返るからです。



自分が好きなものは間違いなくこれ、と。



自分が好きなものは好き。

たとえ自分が誰になろうと何をやろうと
はっきりとそう言える男であり続けたいと思います(ここが締めかい、みたいな)


ではまた。
[PR]
by foodlovers | 2008-01-22 19:10
野獣ジェイクの観察日記25
仲良しの楽しい女性から連絡がありました。

彼女は某レコード会社で所属アーティストのボイストレーナーとして活躍している方で、僕と歳が近い。とても楽しい方で、一生懸命なところも僕は好きで、ときどきごはんを食べに行ったり、いろんな話をしたり、ライブや教え子さんの舞台を一緒見にいったりさせてもらってます。

彼女のいとこたちが8人で、今日本にブラジルから来ているとかで。
いとこたちはみんなイタリアと日本のハーフだそうです。
生まれも育ちもブラジル。
で、見た目は彼女いわく、全然西洋人、だそうで、しかもとても美男美女とか。
彼女は正直な方ですから、その通りかと思います。
それぞれが
彼女、彼氏、だんなさんとか連れてきているので、8人という数だそうです。


ブラジルには僕の親族もいます。ブラジルは言葉は
ポルトガル語です。子供たちが日本に遊びに来たときはポルトガル語できない僕は英語で会話しました。ほんとまだ幼いのに、英語、ポルトガル語、片言の日本語が大丈夫だった子供たち。
驚きでした。


彼女のいとこたちは日本語が大丈夫とのことで。
英語も少しなら大丈夫じゃないか、ということでした。

彼女の親族もブラジルにいたんだ、と驚いたのと、いろいろその人たちの話を
聞くととても民族的にも人間的にもおもしろい、なかなかいないタイプの人たちらしく。

今月末あたりにみんなと出かけるにご一緒しませんか?と誘われ。


行きたい僕であります。スケジュール調整かけます。



「よかったらジェイクくんも一緒に」と彼女が言ってくれました。

はい。ジェイク置いていったら僕、きっと今度こそジェイクの怒り爆発。
命の危機にさらされそうですから。

でもその面々でわいわいと移動していたら恐ろしく目立つでしょうね。

みなみなさま、もし見かけたら怖がらず僕にぜひ、声かけてくださひ。

かなり過去に最高級の遭遇するであろう確率になると思われます。
かなり楽しそうです。僕がテンション高、覚悟で声かけてくださひ。


ジェイクに電話をかけました。


「行くっ!!」


鼓膜を破るかの大きな声であります。


ジェイクは今横浜で日本語勉強しております。

うちに来たときに日本語であろうの歌を鼻歌で歌っておりました。

お風呂に入りながら鼻歌というより、マジで、みたいな音量で。



僕はとなりで歯を磨いておりました。
洗面所とバスタブは同じ空間なので仕方なしであります。
鏡くもりまくり、みたいな。


「(一応当然歌なので、リズムにのって)Chaina blue・you are my sexy girl.


まではよかったのですが

そのあと

「nananacherune-」とジェイクが。


つまり

「チャイナブーユーアーマセクスィーガー
ナナナチェルネー」


だったわけで。

「?????」

唖然とする僕。


「????」

「ジェイク、も一回歌ってみ、さっきのさびであろうあたり」


「チャイナブーユーアーマセクスィーガー
ナナナチェルネー」

「そこまで!」

ナナナチェルネ?

は?何?日本語?

不思議そうな顔をする僕に
不思議そうな顔で返す野獣。


まあいいけどさ。



あとで歌詞カード見てわかりました。

「ナナナチェルネー」は

「悩ませるねー」

でした。


ジェイク、君、たぶん日本語無理ですから。



しかもこれ君、ジャッキーチェンのCDですから。
いまどき?え?みたいな。
どこで買ったの?


いえ、ジャッキーファンのみなさん、いいんですよ。ただし、ジェイク勉強してるのは一応、
「日本語」なはずなので・・・・。


ジェイクパパセレクトらしく。


親子しておそろしいのであります・・・・。




to be continued.
[PR]
by foodlovers | 2008-01-21 18:54