<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
タキ!
ツグミと大地。
忘れてならない、タキ。

ラブクには、今回タキの影はないけど、フラバではタキの存在は大きいね。
実際、フードラバーズの続編を書こうか、と思ったとき(これほんと。エピローグを書き足しているとき、続編の映像が僕の中でおっそろしいスピードで組み立てられてね。ラストまで一気に見える勢いで。もちろん、僕書かないけど)そっちではタキの存在がぐっと大きくなってた。でもツグミが拒絶して。理由はまあ、僕にはわかる(ってこれじゃあ、読者さんにはわかんないね、ごめんなさい)

普通、小説を書くとき、作家それぞれ独特の書き方というのがあると思うけど。
僕はその普通、が一番居心地悪い。
僕はまず、頭の中で映像を一気に流す。そのとき細かいディテールまで、はっきりと見てる。
その映像を、実際文字に落とし込むまで、何十回という別パターンの映像も見る。
じっくり座ってるときもあるけど、歩きながらとか、ほかの事しながら見てることが多いかな。驚くほど、何しててもその映像には集中できるよ。
最後の終着点が最初から僕の場合クリアだから、何十パターンの映像って(場合によっては何百)それほど見るの大変なものではないんだ。
結局目的地に向かうわけだから、迷いがない。だから苦ではない。
迷ってるんじゃなくて、一番僕がこれ、というものをキャッチしたいから、練りに練る。
読者さんが読んでくれたとき、理屈なしにおもしろい、って言ってもらいたいからね。ベストを尽くす。その覚悟は、半端じゃないと、これだけは堂々と言いたい。
料理もそうだよ。理屈こねくりまわしておいしいより、理屈なしに、あ、おいしい!が一番おいしいんだから。
だから何十回何百回と懲りずに頭の中で映像を繰り返す。
原稿にむかうと、一気。迷い無く、書き進む。これまたしんどいといえばしんどい作業だと思うけど、ペン持ったら早い。
ただし、むかうまでも書き出してからも相当、骨砕く。身を削るというより骨砕く。頭も砕く。
(砕いた頭は3日で戻る宇宙人)
実際原稿を書く前に、どのテイストで書くのかまず決めるわけだけど。
料理でフレンチにするのか、イタリアンにするかのごとく、僕は小説も、その文章というか、文体のカラーを決めるんだ。


重たくて奥深い(ように思える)文学的な文体にするのか、もっと軽やかにするのか。

フラバの場合は、僕正直、フレッシュ(?)なタキという人物が見えたときに、はっきりと腹をくくった。

僕が頭で見て自分の腹で感じてることをそのまま文章で練り上げて、読者さんが一度読み始めたらとらえて離さないような文体にしようと。
つまりそれは、フラバに登場する若いエネルギーある人間を、一番近くで表現できると確信したから。
それにそんな見たこともないと言われそうな文体が、一番僕らしい書き方だと思ったから。

どこかの誰かに似た文章とかいうのは、僕は嫌。
自分の刻印を刻んだかのような、僕らしい、独特の文体にしたかった。
ツグミ、大地、タキ。彼ら3人を描くことで、はぎれのいい文章は生きてくると思ったんだ。

彼ら3人の若いパワーは、普通の原稿枠や文章枠(そんなもん厳密にはないけど、感覚的な話ね)では、はみだしそうだったから。
僕はばっさり、その枠、を無視したんだ。タキの若さが後押ししたのは事実。

普通、こんなことは公に語らないと思うけど、せっかくのブログなんだし、いいや、話ちゃえ、ということで言っちゃいました。

だからタキのことも、少しこのブログで触れないと。
ブログではタキにあまり触れていないからここで。
ここからは、ツグミよろしく。

はい!
タキの好物は、大地と同じく納豆だよ。
タキは親元を離れ、東京タワーの見える場所に一人暮らしをはじめてから、料理は少しづつやるようになっていた。忙しいから、普段はさすがに無理だけど、時々休みの時とか、家にごはん、誘ってくれた。タキの後輩とか集まってたりして、ここは学校か?ということも何度もあった。人数多いときは、
キムチチゲとか一緒にみんなで作ったよ。仕上がったキムチチゲ写真にとって、テレビ番組で紹介していたときはびっくりしたけど。あれ、納豆入ってた。
ラブクで紹介してる僕のチゲに、納豆1パック加えてもグッとこくが出て、さらにおいしくなる。あまり納豆に火を通しすぎないで仕上げに加えるのがコツ。
試してみて。


だそうで。試してあげてね。

では!
b0118590_20381946.jpg

[PR]
by foodlovers | 2007-10-26 20:40
ハーブ&スパイスラバーズ
ハーブ好きです。めちゃめちゃ好きです。
バジルが特に好きです。あとミント。
僕はもともと、日本の薬味が大好きで。青紫蘇とか、葱、鬼のようにかけますから。
薬味というより、メイン、張らせます(がんばれ)

ハーブはもともと野草なので、栽培も楽(なものが多い)です。勝手にどんどん、増えてくれるので。実家では、バジル、親のカタキのようにたくさん、僕の父が育てています。

ラブクの中、僕らの卵サンド№1でバジルは紹介してるけど、ほんとスーパーで普通に買えるので(200円くらいね)ぜひ使って欲しいですね。
通常レシピで、あれば適宜、なんて雑誌で書く場合、おそらく「ないない」で済まされることを覚悟して、の表記なんだけど、ラブクでは、できればほんと試して欲しい。世界観が(おおげさだけど)変わるから。たったこれだけでこんなにかわるんだ、と楽しくなります。

バジルは余ったら、他のサンドイッチで使ってしまってもいい。ラブクの中の大地が作るサンドイッチでも、はじめてのテレビ出演サンドでもなんでもいい。いつも自分が作りなれているサンドイッチにはさんでも新鮮。

あと、バジルなら中温の油でさっと素揚げしても最高。
パスタにたっぷりトッピングでのっけたり、魚やお肉のソテーにのせたり、そのまま食べてもおいしい。

ツグミたちのお気に入りは、チキンとミントのカレーソース・サンドイッチ。
グリルしたチキンに、黒胡椒、にんにくすりおろし、カレー粉を加えたマヨネーズをたっぷりのせて、これまたたっぷりのミントとサニーレタス、きゅうりとともにパンではさんだもの。バケットがおすすめ。
ミントはデザートだけの飾り、ではないない。

「ミント?サンドイッチに?マジかよ?ツグミ」
「うん。食べてみて」
かぶりつく大地。
「うまい、ツグミ。いける」

試してね。


では!


写真は僕オリジナルの韓国麺。ハーブやスパイスを使った、パンチある味わいなんだ。ハーブやスパイスを使用する場合のコツはね、使いすぎないで複数組み合わせること。少量でも相乗効果で、ぐっと味わいが広がるんだ。使いすぎると、ものによっては台無しにするから、扱いに慣れるまでは、少しお気をつけあれ。
b0118590_12561730.jpg

[PR]
by foodlovers | 2007-10-19 12:56
サングラスラバーズ
サングラス

ラブク4ページに、サングラスの二人がいますよね。
このカットは、絡み方を変えながら、結構枚数を撮ったのです。いい写真も他にもあったんだけれど、このアングルを採用しました。

サングラスは、どちらもお互いの私物。
サングラスって、ほんとむずかしいです、サイズが。
顔の形が人それぞれで、探すとなると、これがもう、一日仕事。
どんなにデザインがよくても、つけると高さとか合わずに却下、ですから。

特に僕のように鼻が高くない人間には、ウルトラマンのように反り返ったエッジーなものは、つけたとたんに、目を隠さずに、鼻の横(涙)

このサングラスのカットのときに、ギャラリーで見てた通りがかりの若いサラリーマンたち。ものすっごいリアクションでした。うわあ、ってかんじでびっくりしてましたから。目を見開いて、えーーーって感じで覗き込んでて。きっと何やってんだ!?と思ったでしょう。はい、わかります、実際にはいろんなポーズ、とってますからね、僕たち。

このカットのテーマはまず、都会的であることと、かつ、どこかに芯のある、骨太な男の子たち、が伝わるように、と考えました。

10年後の二人を見て見たいな、と写真を選んでいて感じた僕。
少しだけ、胸が痛くなりました。
ツグミと大地の結末に。

それだけに、彼らに対する愛情は、おっそろしく深いのです。
いずれ映画化されるといいですね。
今は小説読み返し、ラブクの写真を、じっくりじっくり何度も眺めて、フラバの世界を存分に楽しんでくださいね。

頑張りましたし、頑張りますから。


では!


写真はラブク撮影より。二人の距離感をどこでキープするのが読者さんを納得させられる写真になるか、のかけひき(そのへんは僕たち、プロですから)とかいいつつ、
へたすると、彼に僕のグラスがあたるので、なにげに実はすごく注意してました。
[PR]
by foodlovers | 2007-10-15 11:46
納豆隊長
納豆隊長。
大地をそう呼んでいたけど、またの名を納豆星人、とも呼ぶ。
ラブクで納豆レシピ紹介してるけど、まだあるよ。
納豆キムチはもう、大人気だよね。
アボカド入れるとき僕はさらにキムチ入れた。
アボカドは切らなくても、つぶしてざっと混ぜていいし、細かくたたくように刻むと納豆とのなじみがいいよ。その場合はひきわり納豆使ったり。

納豆に、えのき瓶詰めを加えてもとてもおいしい。大地のハンバーグでえのき瓶詰めを使うから、あまった分でぜひおためしあれ。さらにおすすめは、そこに
大根おろしをまぜてもいい。

材料を混ぜるときは、基本付属のたれを加えて、それでも薄い場合はちょっとおしょうゆ加えてね。
これがラブクの91ページで紹介してる昆布を突っ込んだしょうゆなら、とてもおいしいんだ。


このおしょうゆは、ほんとに簡単。だし昆布をてきとうにしょうゆに突っ込んで、冷蔵庫で保存するだけ。昆布のうまみが、しょうゆに溶け込んでおいしくなるよ。
何にでもおしょうゆ同様、普通に使って、うまみを高めることができる。


納豆に、お砂糖を入れる地方もあるんだけど。
大地いわく「やめてくれ」
だった。
「そんなこと言わず、まあまあ」
無理やり食べさせた僕。
大地はおそるおそる食べた。
次の瞬間、口の中のその納豆、飲み込まず僕にまんま食べさせようと口で迫ってきました、おそろしい。

二度と作れませんでしたから。
度胸のある方、お砂糖納豆、よかったら。


にしても、ほんと隠し味程度で十分だそうで。
「はやくいえ」


では!


写真は納豆とは無関係(でもない)大地は納豆銘柄を変えるのも好きで、それはそれはたくさんの種類を食べていたけど、僕はジャム系がまさにそれ。新宿の某デパート行くと、デパ地下で興奮してましたから。で、買うだけ買って、瓶の重さに、持たされる大地が被害にあう、この繰り返し。
b0118590_11271041.jpg

[PR]
by foodlovers | 2007-10-09 11:28
時計ラバーズ
時計。

僕は、時計大好き。男性に時計コレクターは多いね。でも僕はそのタイプではない。
機械式、クオーツとか、こだわらないから。
男性は、クオーツ時計は時計と認めない、なんて人多いからね。時計職人が作った感じがしないからだと。
僕はクオーツでも、全く気にしない。うんちくも特に語らない。

で、僕がプライベートでしている時計は何かといえば。
一番気に入ってて、もう10年以上のお付き合いの時計は、マニアが好む老舗時計メーカーのものではなく、フランスのジュエラーのもの。モデルの名前の通り、
バスタブの形のフェイスが、とても美しいんだ。ジュエラーの作る時計は、華奢であるほど、クオーツが多いし。クオーツに心がこもっていないとは全然思わない。
ジュエラーが威信をかけてデザインして製造する以上。それに、たとえばその時計が誰かに贈ってもらったとしたら、もうそれだけで心がこもっているからね。
それが一番大切なんだ。

僕、時計はセイコーが好きで憧れなんだけど、僕の身の丈に合っていないから、まだまだ似合わない。いつか仕事で成功して、手にすることができればいいな、と思う。

僕の父さんがしている時計は、日本製のセイコーの時計。全然お高いクラスのものではなくて、1万円代の時計だけど、もう何十年も使っている。父さんはその時計以外、買ったことがない。
壊れないんだ。いつでもメンテナンスしてくれるし。日本の技術って、すごいね。
それから、父さんのその物に対する姿勢も、僕は好き。

フラバの中で、大地がツグミに贈った時計?
ハリー・ウインストンのダイアモンドウォッチだよ。
石がとにかく、ここのジュエラーのものは美しくてね。他の追随を許さない。
その美しさに、2時間くらい、じーーーーーっと眺めていられそう。
ちなみにお店は、一部店舗をのぞいてハリーは予約制だから、そんな気軽に、とはいかない。時計なら、大きなデパートで少しくらいの扱いはあるよ。興味ある方は覗いて見てね。これかな、と想像してみて。小説では、あえてブランドもモデル名も書かなかった。想像力を欠くからね。
それにしても、大地、おそるべし19歳、だと思ったよ。

ラブクの44ページで時計は語ってるけど、ものはずばりは、見せていない。
想像して欲しかったんだ。どんな時計を、つけているかな、つけていくのかなって。だから大地に、手首握ってかくしてもらった。

時計はそれほど、つけてる本人の生き方や人柄を象徴するものかと。
なので、男性でも女性でも、ある程度年齢がきたら、そこそこの時計は手に入れることをすすめるよ。
もちろん、時計だけに頼らないでね。時計は身につける人間を成長させてくれる、ことも認めるけど。借り物ですか?それともコピー?にならないように(毒)

それから、ブランドは、ごめんね、しょせん、単なるブランドだと思う。
自分より目立つ、なんて許しがたいと思います。なので誤解しないで。

値段ブランド見栄よりも、大切なのは自分ですから。

では!


写真はめずらしく、ビックフェイスの時計してる僕。リングも僕普段はずす白、だし。
時計は名前に僕の名前と同じJ、がついてるから、とプレゼントされたもの。調理中以外はほとんどつけることはないけど(防水でタフなやつなんだ)リングは結婚指輪。ブログ以外ではおそらく今後も見せることない貴重な写真、かとセルフポートしてみたよ。
b0118590_127832.jpg

[PR]
by foodlovers | 2007-10-02 12:07