2008年 11月 05日 ( 1 )
財布
b0118590_16233735.jpg





ジェイクに財布を買った僕であります。


どうみてももう限界だろう、というところまでジェイクの財布が来ていたため、もうそろそろかな、ということで。



バックを持たない男の場合、財布はおしりのポッケに突っ込んだりするからほんと型崩れも早い早い。


僕自身は普段長財布(同じものをもう5年以上使っているのであります)なのでポッケに入れることはないため、ジェイクの財布を見ていてこのことは改めて確認した次第であります。


で、それならば、というわけで。

一番丈夫な革の財布をプレゼントしてやろう、と決めた僕。

で、ジェイクには茶色。僕が時々使っているやつの色違いであります。

僕のは黒です。普段僕は長財布でも、どうしても財布をクラッチみたいにそのまま持ったり、またはバックに入れて持てないシーンで二つ折りは活躍であります。写真で見るとすんごい新しいものに見えますが、もうこの財布とも5年近くのお付き合いでございます。


ま、相変わらず僕は物持ちのいい男でありますな。

プレゼントしたら、ジェイクもずっとこれから使うでしょう。

喜んでくれそうであります。


お、そういえば今日のテレビニュースで大規模なアンケート調査結果が報告されていました。
クリスマスプレゼント調査であります。日本の
女性が今年、男性に望むクリスマスプレゼントの平均金額はなんと、5万円だとか。
で、自分が男性に贈るプレゼントの平均は2万円ちょっと、だという結果。

・・・・。

微妙。


なんか、微妙に不公平感が否めませぬ。あはは。

いずれにしても、大変でありますな、男子。


お、僕はクリスマスに高価なプレゼントなんぞはないっすよ。
もともとクリスマスが恋人行事でなくて、家族のものなので、エカが高価なプレゼントを望むことも僕が贈ることもいつもありません。
アメリカでは家族間で何かしらプレゼントし合いますけどね。



贈り物は・・・・・

負担ではなくて


お互いの喜びであるべきだ、と僕はいつも思っています。




12月になると某宝飾ブランドのお店がカップルで満杯になるのはやっぱり不思議なわけで。




一緒にごはん、が最高の贈り物になるという認識が
うんとうんと広がることを望む僕であります。



がんばりますな。


てへっ。
[PR]
by foodlovers | 2008-11-05 17:07