2008年 10月 22日 ( 1 )
野獣ジェイクの観察日記130
ジェイクの髪を切りすぎた。


今日はどうする?と聞いたら「trust u!」(おまかせっ!)と言うから。

男はやっぱり短髪でしょ、というわけで。(おーい、本人長いぞーというあなたさま、その通りでございます)

ちょっと張り切って切りすぎました。



爽やかなんぞすっとばし、もはや間抜けである。


「・・・・。」


ま、すぐ伸びるということで(悪魔)



いつものようにジェイクがシャワーを浴び、まず髪を洗ったところで僕がカットをしたのである。

濡れた髪で切ったほうが上手にいくと聞いているから。

上手にいった試しはないっすけど、みたいな(えへっ)

「・・・。なんかへんでっす」(日本語)


「そう?変じゃないよ」(うそ!!)

「すごくぅ、へんですぅ」


うん。すごくへん。


えへっ。



ごめんジェイク。かわいそうだから髪を僕が洗い直してあげました。




お、まるでなんか美容院行ったみたいじゃんジェイク!!


とノリノリで盛り上がっていた僕ら(馬鹿二人)

「ジェイクっつ!トリートメントとやらしてみる?」(英語)

「何それ?」(英語)

「えっとね、髪の毛やわらかくするやつさ」(ほんとか?)

「買ったの?」

「もらったの!」試供品。

「待ってて!」

びしょぬれのまま(もはや僕も濡れてました)バックからとりだし、ジェイクのもとへ戻った僕。

ジェイクの髪にのばして、マッサージ(てきとーに)


ふーん、トリートメントってなんか固いねえ・・・・・



って、

トリートメント・パック


でした(涙)

顔用のやつねぃ。

ありえないこの感触。からむ髪の毛。



あわわわ、とひきつった僕。



ギャグじゃなくて、これマジっすから。

えへっ、ジェイクごめん(悪魔)



ま、僕たちは普段リンスすら使わない男たちっすから、こんなもんっす。




みなさんも、お気をつけあれな(ないない。ない)



to be contineud.
[PR]
by foodlovers | 2008-10-22 23:32