2008年 09月 26日 ( 1 )
野獣ジェイクの観察日記126
「ノリック、どっちぃ?」

「that one」(それ)

「これ?」

「no, i mean, blue one」(違う、だからそっちの青いの!)

「oh, i see」(はいはい)


馬子にも衣装、とはよく言ったものである。



ジェイクもネクタイ締めると、そこそこのものである。



相変わらず、顔は濃いけど。



目を閉じて、ジェイクの顔を触ると、顔が頭に浮かんで見えるのである。


僕の場合は、平面な顔のため、全然浮かばないっすけど、みたいな。

時々隣で寝てるジェイクの顔を捕まえてやってみるのだが、基本的にもう、骨格からなにから、全然違う。


ため息である。



あまりやりすぎると、ジェイクのあごひげチクチク攻撃というおそろしい逆襲を受けるため、ほどほどでやめておく。




で、ネクタイの話に戻ると。


僕はネクタイすると、すごく違和感がある。


でもジェイクがすると、決まる。


悲劇である。

どっちが兄で弟なのか、全然わからない状態である。

微妙。
でもパパさん命令、タイ着用。たぶんパパさんの仕事仲間も来るはずだから。

これから、ジェイクたちと食事へ。


こんな時間にぃ?


もうごはんも食べたのに、パパさんの都合に胃袋ごと振り回される僕である。


世のだんな様方のご苦労、わが身をもって感じております。


「i dont wanna eat anymore...」

おなかいっぱいっす。

「ぼくがたべるだ。だいじょぶ」



・・・・。よろしく。




覚悟して、行ってきますな。

みなさま、よい週末を。
[PR]
by foodlovers | 2008-09-26 23:26