2008年 09月 23日 ( 1 )
銀座にてぇ
昨日の夜、銀座へ。友達と2人でもう1人後から来る友達を待ってたときの話。
まず最初に銀座で一緒にいたのは、イギリスから。ひょんなことで最近知り合った友達は、夜のバスで大阪に行くため、時間をつぶしに銀座で。


あとから来た友達はイタリア人。つまり僕のルーツを持っている国からの友達であります。




銀座のカフェで席を譲ってくれて知り合った親切な日本の女性2人と、僕とそのイタリアの友達と4人で、終電までちょっと一杯のみましょう、ということですごくなつかしい雰囲気の焼き鳥やさんへ。




まわりがオヤジさんいっぱいで、僕と友達は大盛り上がりであります。
オヤジって日本語でよくいうけど、あまり人に言ってはいけない日本語だよ、みたいな。


っていうか、まわりに聞こえてますけど。



てへっ。でもこういうとき外国語は便利であります。


わからないから!


もちろんオヤジ部分は日本語っすけどねぇい。



で、その女性たちと別れて、終電に。
別れ際、女性たちに僕は名刺を渡しました。

もちろん、今後また彼女たちと連絡を取り合う、ということはありません。
そうゆうことは、してはいけないのであります。

じゃあ、なんで渡すのさ、というあなたさまっ。



礼儀であります。

彼女たちはとても親切でした。お話させてもらえてうれしかったのですし、僕と友達も今日は楽しかったね、ということで感謝をこめて、自分たちの素性をはっきり示してから、ニコニコで帰りました。

名刺や友達の電話番号を渡すと言うことは、堂々と自分を示す、ということであります。
日本は名刺、大事でしょ?

だから別に、連絡とりあうためのナンパな手段じゃ、ないです。(ほんとほんと)



それにだって、たとえばその名刺を見て、ネットであとから名前を検索してもらえたら不思議な外国人たちだったね、なんていわれずに、楽しかった思い出のひとつに彼女たちにしてもらえるでしょう?


僕たちは、そのときそのときの楽しさを、ひとつひとつ楽しみたいと思っています。
変な意味ではなく、そのときその場が楽しいことを、優先します。

でもたとえば六本木とかに行くと、日本や外国の一部の男の子たちは結構必死で相手の連絡先を聞いてたりします。


あれってまた後日連絡して会う、ってことっすかね?


へんなの。それに普通の常識ある女の子なら、どう転んでも夜知り合った男性たちに後日連絡とりあうなんて、ありえないけれど。(ふるいのであります、僕意外と。えへっ)


だからジェイクがたくさんもらってくる番号は、僕はいつも消去してしまいます(鬼)


ジェイクだって、僕の携帯を勝手に出たりするからおあいこであります。



「はっ!moshi moshi?」


「もう!!ジェイク勝手に僕の携帯でないでよ!びっくりするじゃん相手!」

「だいじょぶ」

「大丈夫じゃないよ全然。やめてよ!はっ、もしもし?なんてへたくそな日本語!」

「hahaha,にてるだ」



でしょ?僕きみの真似うまいんだよねー


って


ドアホ。







今日は休日ですな。


僕、仕事してますけどな。



でも今日は6時から友達が鶏なべパーティーに来ないかと誘ってくれました。

彼はオランダ人ですが、彼も住んでいる外国人たちが暮らすアパートのオーナーさんがイベント的に時々企画してやっているようで。


6時ってでも、僕仕事終わってないでしょ、みたいな。





さ、仕事に戻りますな。



てへっ。
[PR]
by foodlovers | 2008-09-23 14:55