2008年 08月 05日 ( 1 )
ネイトと熊野?
昨日の夜ネイトから電話があった。



「ジェイ、夏休みに田舎に帰るの?エカから聞いた、帰るかもしれないって。俺も行っていい?」


「まだわからないよ。僕も休むときは休まないとね。でも全然まだわからないんだ。今週中には決めるけど」


ネイトはキャンプとか大好きな男である。

世界遺産に認定されている土地である僕のふるさとは、自然あふれる、いいところ。

ネイトが見逃すわけもなく。山、海、川、すべてある。ネイトが好きな温泉も。アメリカンのくせに、温泉が好きだというネイト。

僕の実家のある三重県熊野市はちなみに、帰るのは最短コースをとっても5時間以上かかる。



ネイトにとっては「憧れの熊野」らしく。


ネットでせっせと検索して情報収集しているようで。




でもネイトの調べた情報は、和歌山県寄りの情報ばかりで、微妙。


僕のふるさとは和歌山に30分で車で行ける距離だけど、三重県である。

でも一般的には和歌山の名産、観光地のように紹介されることが多いのだ。

熊野市側宣伝が、上手でないと地元の人は言うけれど。


たしかに和歌山は宣伝熱心だとか。見習うべきところですな。


もとい



ネイトと僕が熊野に帰る=地元の人のんびりと暮らすなか、田舎ではめったに見れないアメリカンボーイと田舎ではどう考えてもいないだろう、なる男が帰省=まるで宇宙人みたいな二人=恐すぎる





ジェイクは仕事があるため、あきらめている。
エカも仕事の都合上無理。



しかしっ。

アウトドア好きなネイトと、世話好きなマイファーザーが出会ったら、熊野の名所と言う名所に連れ立って行く姿は簡単に想像できる僕。




連れていってあげたいところですな。



ちなみに昨日都内のイングリッシュパブに仕事が終わってから、友達と行った僕。


終電を気にしながらのぎりぎりの時間に飛び込んで、とりあえずギネスパイントで、スパイシーチキンとサラダ、ソーセージ盛り合わせなど頼んで食べました。

そこで、どう考えても20歳にもなっていないだろうな、という少年少女集団に遭遇。


日本の女の子とギャングちっくな外国の少年たち。


外国の少年もはどうみても15,6、というかんじ。みんな。
女の子はぎりぎり18?19?あたりの印象。


浮きまくり。大人の社交場に、みたいな。




でも店員さんは何も注意せず。
まあ、僕の勘違いで10代ではなく、彼らはみんな20超えていたかもしれないですけど。


や、まず15歳くらいだと思うけど。





いずれにしてもわが弟には健全に成長して欲しいものですからな。



田舎体験を望むあたりはまだまだ可愛いものですな。




みなさんもお盆は、楽しんでくださいな!
[PR]
by foodlovers | 2008-08-05 12:37