2008年 03月 31日 ( 1 )
野獣ジェイクの観察日記54


みなさま、東京のトイレの進化、すごすぎませぬか?


うちのジェイク、先日都内某商業施設にて
「トイレっ」

といって、ダッシュで走っていきました。

我慢しすぎですから、いつも。ぎりぎりまで、我慢する野獣であります。

子供か、みたいな。

僕はショップのウインドーを眺めてたら。

ジェイク、ダッシュにて戻って来て。

「ノリック、来てっ!!」


何事?

手をつかまれて、強制連行であります。


行ってみると、なるほど。

センサーに触れてドアを開け、また内側のセンサーで閉める(鍵もそれでかかる仕組みであります)男性、女性、両方が使用できるタイプの大型の個室トイレタイプであります。

車椅子のままでも、赤ちゃんと一緒にでも入れるタイプのトイレです。
中でオムツもかえられる台もある。


この手のトイレ、しかもその最新型は日本に住んでる僕も最初入るときも、入った後もどう閉めるか迷いました。

開けるのはなんとなくセンサーだろうな、と手をかざして入れたのですが、センサーに内側からまた手をかけて閉める、というのが慣れなくて。それに、それで「本当に鍵かかってる?」って感じで。


ジェイクは開けるのはできても、閉めるのが「どこっ?」だったらしく。


たしかに。
僕でも、わかりずらかったのであります。

だって、探しましたから。

すごく変なところにあって。内側のセンサー。


隠れている感じ。しかも、低い位置。

僕もジェイクも背が高いため、はっきり言って「この位置じゃわかんないですから」位置。

とりあえず、僕もジェイクと個室に入ったまま、そのドアを閉めました。

「ほら、ジェイク、ここで閉めるん・・」

「ちびるっ!」


えーーーーーーー!!!

説明しようと思ったのに。

で、一度僕が出て、ジェイクが再び鍵かける、はずだったのに。


ジェイク、すでにジーンズ下ろしてますから。



「・・・・。」



もしもし、みたいな。



ジェイクえへっ、みたいな顔して。



あのー。


ジェイク、パンツ見えてますけど。



はー・・・。



とりあえず、せっかくなので(何が!?)

人がしているのを観察に(邪魔しに)


後ろから覗き込んだ僕。(押して身体ゆらしてやろうかと思ったのであります=いらんことしい全開)


あっち行けとジェイクの手で(まだ途中なため、もちろん洗ってない)顔触られた僕。


ひゃーーーーーー(涙)(but自業自得)

悲劇再び、みたいな。(過去ブログ参照であります)


ま、トイレから出るとき、次に待っていた男性
本来1人で使用するはずのトイレ、開いたドアから、男二人が(しかもどちらも濃いキャラ)出てきたから

もっと

ひゃーーーーーー!!

って感じでしたけどね。

てへっ。すいませんね。


to be continued.
b0118590_201064.jpg

[PR]
by foodlovers | 2008-03-31 20:05