2007年 12月 08日 ( 1 )
告白します
タイトル、おおげさ。すいません。


告白って僕の髪の毛。
別にはげてました、とかではないですけど。

先日ある女性から「ジェイさんの髪ってさらさらしてていいですね」と言われたので。


げ、とんでもないです。その場は否定するも大人げないので、さらりと流しましたけど。

じ、つ、は。と、ん、で、も、なーい、です。

そもそも
僕は昔から石鹸ひとつで全身洗う男です。これはマイファーザー譲りです。
ん、これは以前ブログで話しましたっけ?
まあいいや。
トリートメントやリンスなんぞ、僕の人生に必要ない、と言うほど、石鹸一個。
今現在はさすがに石鹸シャンプー、になりましたが(体もそのまま洗えるやつです。水、石鹸素地から作られた、単なる液体石鹸)
いわゆる、無添加、のそっけないやつです。香料やリンス効果なんかも全然なく、洗い上がり容赦なくウルトラギシギシ、みたいな。


現在主流のシャンプーにはポリマーなどの成分が多用されるため、髪がコートされ洗い上がりしっとりつやつや、なめらかーな錯覚をおこすシャンプーがほとんどです。それは悪いことでは別にありません。しっとり、つやつや、は女性の憧れでしょうから。
でも僕は、嫌いです。ケミカルなものが苦手です。僕は
200円するかしないか、の昔ながらの釜炊き製法で作られた純粋な石鹸命、です。

で、シャワー浴びながら夜は
おりゃー、っとその石鹸でそのまま顔まで一気、です。らくちんらくちん。

スタイリストさんやヘアメイクさんは僕がぱっと見、かなりトリートメントだの洗顔料だのこだわっているであろう人物と思い込み、つきあいはじめの頃は「何使ってますか?」と聞かれますが、すいません、石鹸一個、みたいな。


ホテルに泊まろうが、ホテル備品のシャンプーなんぞ目もくれず、持参の石鹸一個。
同室になる人間は、いつも唖然としていますが。
「つっぱらない?」って。つっぱるのが自然ですから。つっぱらないようになんか入れてるほうがよっぽど不自然。

石鹸一個。
アイ・ラブ・石鹸。
環境にも、ちゃんと自然分解されるから安心なのであります。
これも大事です。水は料理に使います。
水は汚してはなりません。戻ってきます、結局。

で、告白はですね。



僕、ものすごいくせ毛です。

名古屋巻き、そのままでなってます、っていうくらい実は見事なくせ毛。

ヘアメイクさんが1時間かけてカーラーだのなんだのつかってテクニックを駆使して、がんばってセットしたか?くらい見事な巻髪です。
母親はそのままの僕が好きだ、といいますが、正直、迫力ありすぎ。

ワイルド&セクシー(はたまた、ゴージャス)路線狙う若い子ならある意味きっとそのまま大喜び、でしょうが、とんでもない。

僕は、それくらいくせ毛。

あーあ、言っちゃった。てへっ。
(今書いてる小説の主人公口調)


いいんです、別に。



じゃあ、どうしていつもさらさらしてるのさ!ラブクの写真はどうしてくれる!今までの料理本で君がストレートでなかったことはないじゃないか!と言われそうですが・・・。

はい。白状します。撮影前にヘアアイロン、なるものの力を借りて、さっさと伸ばしております。
3分あれば、伸びてしまう、うそみたいに素直なくせ毛であります。
ただし、髪洗って寝て、起きたら全然元通り。

そういえば野獣ジェイクがはじめてうちに泊まったとき、朝起きて「何、もうでかけるの?」と聞きました。僕が髪をセットした、と思ったらしく。

何をこんな朝っぱらから気合入れて髪の毛セットしとんねん!(野獣はもちろん英語ですが。関西弁でなく。ここは僕のアレンジ)と思ったような表情、ジェイクに投げつけられましたから。


僕はヘアーセットなどは苦手です。興味ないです。スタイリング剤なんか触るのもいやです。だから昔から僕のうちにはドライヤーやブラシなどありません。



ヘアアイロン自分で使うことすら、奇跡的ですから。




せっかくのブログなんだし、ここはひとつあまり表にでないことを話しとけ、と思い、今日は思い切って書いてみました。

まあ別に僕の髪がどうであれ、何かが変わるわけではないのですが。


ブログということで、お許しを!



ではまた!
[PR]
by foodlovers | 2007-12-08 19:26