2007年 11月 28日 ( 1 )
サンクス
期間限定フラバのブログ、最終回です(パチパチパチパチ=拍手)
とはいいつつ、この前のブログでお伝えしたように、明日からまだ別の内容でこのブログ自体は続行しますけれどね。
まずは、何よりほんとにありがとう!
ツグミ、大地、そしてタキ&me!
感謝の気持ちでいっぱいです。
さらにさらにフラバがもっと広がるように頑張ります。
引き続き応援、どうぞよろしくお願いします!

たくさんの人に支えられ、フラバが産声上げました。
僕はよくありがちな本の後ろにスタッフに対する著者の感謝のメッセージ的なものは嫌いです。もちろん、感謝はしてますが、本は読者さんのものなので。基本対読者で貫きます。でもここはブログ(一応)一瞬迷ったけど、やはりうちうちへのメッセージは、遠慮!ということで(へへへ)


といいたいところだったのですが、これまた変更。
ほんと感謝しています。
パソコン音痴の僕のため、ブログの更新を僕から送られてくるメールでの形の物を日々ブログに継続してアップしてくれていた僕の担当編集者のDさん。ありがとうございました!
みなさん、拍手お願いします!(パチパチパチパチ)
そして今度から自分でブログ更新する(普通はそうだろう、の突っ込み、その通りでございます)
僕をどうぞ気長に見守ってください。練習しようとパソコンいじっていて、インターネットエクスプローラーとかいう最初の画面に確かあった絵が消えてしまい(そこ触ったら前はすぐにインターネットのページがひらいたのだけど)今日からはインターネット開くのすら大変なおもいを早速している僕です。勝手に消えるなんて。メール、の絵が消えたらどうしようと心配してます。

さて、1日目にお伝えした「フラバやラブクは今の時代を表現したのではなく、時代の今、を詰め込んだ」という発言の意味を伝える約束ですね。
僕は物(食材)を、紙(原稿用紙)を相手に仕事はしていません。
常に対、人、です。
そのため、みなさんと同じく、ひどく傷つくことも多いです。
予期せぬことが、起こる、それがむしろ普通ですから。ましてや芸能、と呼ばれる世界です(僕は文化人、の枠ですが)普通の神経では、持たない。

表に出れば、一切忘れて演じることが仕事。伝えることが仕事。そのために犠牲にすること多い多い。けれど、得るものも多い。それは人の、応援でした。それは人のLOVEすなわち、愛でした。

僕は人のために仕事をする、なんて言い切るほどできた人間ではないです(全然)
結局自分がどうしたいか、で問答無用、選び取っていく人間ですから(鬼)だからいい人、にはなりえない。僕にとっていい人、は(どうでも)いい人、なので。
いい人にはなりたくないですから(鬼)

ただし、そのたくさんの応援、愛に支えられ、僕は気がついたことがあります。
自分の料理や小説を通して、一人でも多くの人に、いろんな角度の喜びや楽しさを精一杯伝える。これが僕の使命です。それが僕のできること。
けど、その目的のため、とはいえ、
フードラバーズは今の時代にあわせたものではないのです。
その目的のためだからこそ、フラバは
今の時代にあわせていません。
そうでなく、僕が感じる時代の今、を忠実に表現することに徹しました。
僕が肌で、直感的に感じる時代の今、です。それを自らが表現して発信する。そう腹をくくりました(Yes!)
時代を追いかけるよりも、自分で時代を発信する側にまわること。
売れるように、とか今これがはやりだから、という作品の作り方は僕の前では意味をなしません。僕が興味ないから。今の時代、は無視しても、時代の今、にはことさら敏感な僕。

僕の仕事は、時代が求めるものをジャストな形でジャストなタイミングで発信すること。
だって、時代が求めるものって、イコール自分が欲しい、と思うものでもあるはずだから。自分の感覚を信じるが僕には正解なのです。今の時代が、問題ではない。
時代の今、そこをどう僕が表現するのかが、勝負です。

FOOD LOVERS.
LOVE in COOK.

今の時代に必要なのは、きっと愛と腹力。
僕らはそう、信じています。

FOOD LOVERS.おいしい人生、すべての人へ。
僕ら必死で、戦いま
b0118590_18293113.jpg
すから。
FOOD LOVERS .LOVE in COOK.
どうぞとことん、楽しんでくださいね!


読んでくれて、どうもありがとう!

次にこのまま続くブログ、どうぞチェックしてくださいね。

それからこの前の連休のとき、某デパートで僕にブログ見てますって声かけてくれたお若いお二人、あの時はほんと時間がなくてごめんなさい!
僕、子供じゃないのにほとんど走ってましたね(汗)
今度つかまえてくれたら、写真、ご一緒したいです。いつも行くデパートなので、きっとまたいつか再び会えると思います。どうぞ気軽につかまえてください。ちゃんと覚えてます!

それから、少し前になるけれど(10月最後あたりでしたね)焼肉やさんで子供を抱かせてくれたご夫婦、せっかく写真を送るから、と僕のアドレスを聞いてくれたのに、知り合いがやんわりと拒絶してごめんなさい(あの時ごめんなさいと言っていた男はマネージャーでもなくて、実は同じ歳の友達でした・・)それからあの時一緒にいた女性は、彼女ではなく、友達です。
だから気にしないでくださいね。


うん、ブログっていいですね。
なんか近くに感じてしまいます。
やっぱりがんばらないとですね、ブログ。


では、またです!


『LOVE in COOK』(アートン刊)で撮影した写真を使用している(撮影:冨永智子)
[PR]
by foodlovers | 2007-11-28 18:30