dreams.....

昨日は夜、友達のテレサの家で夕食をごちそうになりました。

テレサの家は各国の領事館が密集している街にあって、近くには僕が何かとお世話になっているスウェーデン領事館があります。カナダから来ているテレサは日本に来て、もう2年半目。旦那さんもカナダ人で、可愛い子供が二人。理想的なファミリーであります。

テレサの住むマンションは某領事館の隣にあります。その地区はセキュリティも治安もよく、住むには最適だとか。旦那さんのオフィスも徒歩圏内。
駅を降りると、外国人が非常に多いです。東京のど真ん中ですが、緑も豊富。
日本にいながらにして、どこか外国。僕も来年同じ地区に引っ越そうかと思っています。
僕の生活にはとても合っていると思います。

それに僕は来年から海外の政府機関や海外企業との仕事が増えるということもあり、そろそろそうゆう時期なのかな、とも感じています。

以前のブログでも、僕は再々海外での仕事を、と書いてきましたが、僕の場合は夢ではなくて、本気です。25歳あたりから日本でお世話になってきた僕であります。めまぐるしい日々の連続の中で、35歳の今になってやっと、自分の立つ位置がクリアになってきました。20代後半なんて、もう何がなんだか、とにかく仕事する、ことが精一杯だった僕でありますが。少しは成長したんだ、と(信じたい)

日本で培った僕の感覚が、世界に向けてもっと発信できたら最高です。今は必死で、そこにピントを絞って日々精進しております。あと5年後、40代になる頃にはその最初のハードルを越えられていたら最高であります。越えることはできても、越えたら最後、今度は続ける、という試練が待っております。

やりたいことをやる、という僕の昔からのスタンスは変わりません。
けれど、それが「世界の人の役に立つことである」というよりはっきりとした目的が今は非常にクリアなため、どんな試練も越えられるような気がしています。

僕には幸い、たくさんのすばらしい友達が世界中にいます。
大切な友達のためにできること=他の人にも得してもらえること

そのことに気がついた今、世界を超えることはそれほど大それた発想でも、それが困難だとも全然思いません。

僕の場合、一般概念で言うところの地位も財力も人様に勝ることはありません。
そんなものが勝ったところで何の意味もありません。
でも、ことさら僕の仲間に関しては、僕は誰にも負けない、と思います。
友達が僕の誇りであり、かけがえのない財産です。



昨日テレサの作ってくれた料理はどれもとてもとてもおいしくて、旦那さんやキッズたちとの食事は楽しくて、本当にリラックスして、リフレッシュして帰ってきました。
おいしいものを食べさせてあげたい、みんなで一緒に楽しもう、という彼女の気持ちがうれしくて。

改めて僕は、来年の仕事、その挑戦に向けて腹をくくり直しております。
書籍の企画にも力入ってますから、発売までどうぞ、楽しみにお待ちくださいな。


今月は28日にまたテレビの方でみなさまにお目にかかります。
詳細がわかったらまたブログでもお伝えさせていただきます。


ではまた!
b0118590_2032580.jpg

[PR]
by foodlovers | 2008-11-16 20:03
<< アルゼンチン大使邸にて 野獣ジェイクの観察日記136 >>