monogatari
1924ではないものがたり。


先日うかがったインテリアフェアのブース出展されていた企業さんからいくつかメールをいただいた僕。


うれしかったのは、僕がいいな、と思っていた会社の方からどんぴしゃでメールが届いていたこと。


まだ使ったことのないなべ(これが、僕が以前フラバピンクのなべ作ってください、と過去ブログ内でフランスのおなべメーカーにお願いしていた、あのピンク、まさに理想的ピンクのフランス製なべを展示会で見かけたのであります。ブログで紹介した僕の私物とは違う、別のメーカーさんにそのカラーがあったのです。

衝撃でした。
いい色!

そこはまさに僕が今普段使っている有名なホーローなべとよく似ているなあ、と思ったのですが、似ているのは形だけで、色はもう、びっくりするほど「どうやって出したんだろう、この色」
というくらいニュアンスあるカラーが揃っているのであります。


そのうちひとつ買ってみようと思っている僕。
その際は写真でおみせしますな。

僕の調理道具好きはもう長いのであります。

調理道具にかけた費用と情熱を考えると、それで「食えた」んじゃないか、くらいなもんで。


ウイリアムズソノマとか、大好きでしたな。もう日本からは撤退してしまったけど。


最近セラミック製のなべを日本のメーカー様より送っていただき早速試している僕であります。


それを使って、
ジェイクはチキンがレンジで焼ける、のをみて大喜びしていました。
セラミックなので遠赤外線効果も期待できるため、たしかに仕上がりはいいようで。


キッチンを汚したくない方には、セラミックの電子レンジなべはおすすめであります。


ま、そのうちもっと使い込んでから報告しますな。




それからひとつ。
まじめな話。

自分の身の回りのものは、厳選するべきだと僕は考えています。

環境が、身の回りのものが本人に与える影響と言うのは、想像を超えるほど強いもの。
大きいものだから。


てきとーなセレクトは、てきとーな人生を運んでくるだけ。


身の回りのもの、暮らしのものにこだわることは、あなたの人生にとって、間違いなくプラスです。



値段でもなく、ブランドでもなく


暮らしのいいもの、をひとつづつ手に入れて、

ていねいに、大切に使って欲しいと僕は思います。


僕の場合は、大切に使いながら、さらに同じものを買い足す、という行動にでます。
つまり、自分の定番はずっと僕の定番であるということ。


だから定番。




逆に言えば、それくらい大切にできないものならいらない、ということ。



シンプルですな。


な。


b0118590_20214576.jpg

[PR]
by foodlovers | 2008-06-19 20:32
<< 野獣ジェイクの観察日記100 恋愛相談 >>