野獣ジェイクの観察日記63

猫パンチ。


ジェイクやネイトが、最近はまっている。


っていうか、彼らの「ブーム」らしく。


やられる僕は大迷惑である。



何かあるとすぐ猫パンチ。


もちろん、痛くはない。

猫パンチだから。


あの身体で本気パンチ受けたら僕は吹っ飛ぶけど。

ジェイクたちはそれをわかっているから、僕に本気でパンチはない。


が、猫パンチはよくやる。

ところかまわず。

とても屈辱である。

当然、僕は怒る。


が、僕が殴り返そうと反抗しようにも馬鹿ジェイクたちの馬鹿力にはかなうはずもなく。

押さえ込まれて、終わり、みたいな。



でも先日、僕が外で(外国人がとにかく多いエリアね)で卑猥な言葉を外国人からかけられたとき、ものすごい勢いでジェイクは殴りかかっとりました。

もちろん猫パンチではなく、猛烈野獣パンチ。



なかなかあれは、すごいですな。


最近テコンドーやろっかな、と思っている僕。

参考になります、みたいな。

でもテコンドーのスタジオが六本木なんっすよね。

無理ですな。

今日も六本木ミッドタウンで仕事してきましたけど。

そんなこんなで
ジェイクたちとなかなか最近は六本木行けなくて。

ミッドタウン中で僕が猫パンチくらってる姿なんて、誰かに見られたら(関係者)立場ないっすからねっ(変なところでプライド高し。いや、かっこつけ)


ブログ書いちゃったけど。


てへっ。


to be continued.
[PR]
by foodlovers | 2008-04-14 21:22
<< 消えたっ 野獣ジェイクの観察日記62 >>