野獣ジェイクの観察日記60

ジェイク、60回まで来たよっ(どこまで続くんだ、みたいな)


ネバーエンドでございます。


てへっ。


ジェイクは昨日大変「飲みすぎ」まして。

別にとんでもないことにはならないですけど、真っ赤な顔して、ほんと陽気に輪をかけて陽気になり。

タクシーのおじさん、僕たちを乗っけて、ジェイクがいろいろ質問するから、ほんと困っておりました。


ジェイク、彼は英語、わかりませんから。

1人で話しかけて、1人で大笑いして。

僕の真横で僕でも「理解不能」な英語で話し、1人大笑いするから、僕は「噛み付かれる」のかと思いました。幸い穏やかな運転手さんで、それがせめてもの救いでありましたな。

ごめんねぃ。

それはそうと、先日ジェイクの部屋を探して物件の内見に。


b0118590_206554.jpg


問題が。

小さいんです。新築、家具付き、できれいだったんですけどね、そこ。
2階立ての構造になっていて、一階がキッチン。
2階が寝室、みたいな小さい部屋。

ベットやデスクとかついてたんですけど。
キッチンにはテーブルと椅子も。珍しいでしょ、そんなの。


でも問題が。

ちっちゃいんですよ、サイズが全体的に。

ジェイクの身体だと、家具も小さい。

一階のキッチンなんて、頭が天井についてしまうくらい。
まあ部屋は構造的に土足でいいという部屋で、そのあたりアメリカンなんすけど。


そして玄関が、檻、みたいにステンレスになっていて、僕は大うけ。

野獣ジェイクにぴったりじゃん、みたいな。

ステンレスのパンチングですか。野獣ぴったりであります。

上の部屋には、天窓も。
ジェイクの空気穴。

「ジェイク、どうよどう?」


聞いた僕。ま、狭いっすけどね。ダメだと知りながら。
階段で身体ぶつけてたし。
b0118590_2044047.jpg


そしたらジェイク。


「うーん。二人で住むにはせまいかなっ」


って、ジェイク、誰?

何っ!まさか弟よ、すでに君のスイートハート、会社で見つけたのっ?
b0118590_2031796.jpg



でかしたっ。

「二人っ?」

「うん。このベッドは僕たちには小さいよ。キッチンもノリックには狭い」

・・・。
なんだ。

がっかり。
僕ですか。

ちゃんちゃん。


って言うかジェイク。
もしもし?

連れてかないでください僕。


身の危険(強制連行)に怯える今日この頃。

僕がいる=朝起こしてもらえる

僕がいる=ごはん作ってもらえる

という単純なジェイクの考え、見え見え、みたいな。


to be continued.
[PR]
by foodlovers | 2008-04-10 20:11
<< 野獣ジェイクの観察日記61 野獣ジェイクの観察日記59 >>