花ざかりの君たちへ?
ちょっと気がついたことが。「花ざかりの君たちへ」「イケメンパラダイス」とかいうフジテレビのドラマのファンらしき人がラブクを買ってくれているらしいですけど、驚いた。女子高生さんが買ってくれるなんて正直想定していなかったので。女性ターゲットにした本ではあったけど、「若っ」と思った。
森豪士さんとのビジュアルを楽しんでくれているのか、それはいいけど、お願い、小説、フードラバーズも絶対読んでね。
僕は花ざかりの君たちへ、というのを僕の小説を読んでくれたある業界の方にすすめられて、僕もみたんだけど、たしかにね。納得。
主人公の小栗旬さんは、フードラバーズの大地をイメージさせたんだね。僕は全く面識はないんだけど、とてもいい表情をされているね。
自分が彼の年齢だった当時を思い出して、僕恥ずかしくなった。いろんな意味で。彼は今ときめく俳優さんだそうで、きっと、今まで様々なご苦労もされてここまで来られた、と思う。華やかさの裏には、とても辛抱、ってものが必要だから。小栗旬さんの雰囲気の裏に、それは感じた。
それと、森豪士さんも今映画などにも出演されているようで、今後の活躍が本当に楽しみです。
フラバが映画化されるときは、うーん、これ以上は僕まだ言わない(内緒、へへへ)

それから、今新しい小説を書いているんだけど(まだまだまだまだこっちはでないですよ、フラバよろしくです)その文章に、僕のブログの文章口調がかなり引っ張られています。もともとブログは「です。ます」統一的なことを無視して、多少混じろうが乱れようがむしろ動きを感じていいや、と書いているんだけど、今自分の過去ブログ見ていて感じました。ちょっとおさえよ。

今日は大地の話ね。
大地を演じてくれた森豪士さんは、雑誌などで活躍されているモデルさんだから、当然背が高い。会うまでは、僕と並んで、身長差があまりに開くんじゃないか、と覚悟してた。でも全然大丈夫だった。僕も背は低くないし(高くないけど)
でも街やトークショーなんかで、僕をテレビなどで見たことあるような人が、僕にかけてくれる声が、ほっそーい、とか大きいんですね意外と、というのが多いんだけどそれって・・・。細いはわかるけど、よっぽど小さく画面で見えてるんだろうか、とよく考える。あと、話すと意外と男の人ですね、とか(男ですから!)
それから、写真だと僕がもともと相当色白いから、比較になって彼が白く見えないけど実際会うと、ハーフであるということもあり、肌白かったんだ。でも隣並んだら、僕のほうがやっぱり白いから、全く心配には及ばなかった。ツグミと大地のバランスは、すべてパーフェクトだった。

大地は、色黒で、唇が厚めのハンサムだ、とフラバで伝えてるけど。
でも、僕、彼を選んだのは、そうゆうパーツにこだわったのではなく、全身で大地を表現できると感じたんだ。

彼は、大地。


ラブクの5ページの写真を見て下さい。

ツグミが強さと美しさを表現し、大地が強さとやさしさを表現するカットだったんだ。それを伝えるために、カメラの前に。僕たちはメイクなどしないから、逆にそのすっぴんの素肌で肌の露出を増やすことで、読者さんに二人の体温をしっかり伝えようと僕思ったんだ。ツグミと大地の体温が、届いているといいな。

あ、そうだ、知りたい方がいるやもなので、伝えないと。
パープルのカットソーは大地の私物。大地のネックレスも私物です。
ツグミのタンクトップはドルチェ&ガッバーナ。

ドルガバのタンクは、僕のもレディースだけど、女性がいざ着る場合、素肌のコンディション、髪の毛先、爪の先まできちんと整えて着ないと、ここのアイテムは難しいと思います。品を失わないよう、お気をつけあれ(毒)
透明感と、品があれば、男は黙っていても寄ってきます!



では!
[PR]
by foodlovers | 2007-09-13 21:32
<< がんばれ日本の男たち タワレコ好き >>