革好き
ラブクの2ページ3ページ。

都内某所での撮影。
光と影をツグミの身体全体で表現したかった。

選んだ革ジャンは、ドルチェ&ガッバーナ。レディースだけど、
ライダースなので、男っぽい。このレザー、かなり厚い革なんだ。薄い柔らかいラム革とかでなく、頑丈な牛革。軽く着膨れがあるくらい、実はごっついのです。
フィットする薄い革ジャンだと、ボディラインが見えすぎて華奢さが倍増されるから、頼りなくて。静かなる空気感の中だと、それこそ写真全体が薄くなるの。
ツグミの芯、を感じさせる写真にしたかったから、避けた。

ジーンズはpepardenim&cloth。普段よりワンサイズ大きいものにして、
ちょっとゆるさを残した。ニュアンスあるしわの影が欲しかったんだ。


革を買うときのポイントは、まず匂い。
薬品の匂いがするような革、時々店頭で見かけるけど、論外。
それ着て歩くと、まわりが倒れますから(毒)

あとサイズ。
革は伸びるから、きついくらいでちょうどいい、といわれるけど、それはボトムだけだと思う。上着はジャストがいいみたい。もちろん少しでも大きめ、は避けた方がいい。とたんに昔の人みたいになるから。
ジャストであれこそ、着込むうちにさらに自然になじみ、よりこなれた感じがする。

むっちむっちな上下革、なんて女性はまずいないけど(男性はたまにいる)
本気ライダーか、ムチ好きなのか(うそ)

革はとにかく、こなれた感が大切みたい。
頑張って着ています、だと見ている方が痛いから。

色は茶系が着こなしやすいよ。黒だとやっぱりハードかな。
黒の革ロングコートを着た女性を以前街で見かけたけど、映画のキャラかと思った僕。
いずれにしても、革は着映えがするのは事実。布生地だと沈むけど、革だととたんに引き立つから、ぜひワードロープに、どうぞ!ちょっと無理するくらいの値段の方が、買ったあと、正解だったと思えるはず。

大切に、長く愛用して欲しいですから。
せっかく、作られた製品ですからね!

では。


『LOVE in COOK』(アートン刊)で撮影した写真を使用している(撮影:冨永智子)
b0118590_1771423.jpg

[PR]
by foodlovers | 2007-09-04 17:07
<< 朝ごはーん ふぃっクション! >>