週末
土曜日は仕事が終わってから、友達と新宿へ。
イタリアンを食べて、そのあとバーへ。とはいえ、僕が飲んだのは、全部トマトジュース。

そこで知り合ったアメリカ人の新しい友達は、とても若いけれど、食べることをとても大事にしていることがわかり、うれしかった僕。日本でビジネス英語の先生をしているそうで。
自分の体にちゃんと向き合っていて、自己管理してるな、というか。毎日自分で料理してるらしく。
イケメンで若いから、彼が先生だと女性は集中できないかも。ははは。
今度うちで、一緒に料理することにしました。

終電時間になって、一緒にいた友達が六本木に行こうといったので、久しぶりに付き合うことに。
僕は六本木が苦手です。外国人と、外国人好きな女の子ばかりというか。僕は六本木は夜行かない。でもたまには、友達に付き合おうかと。知り合った新しい友達とは、新宿で別れて、僕たちは駅へ。
駅に向かう途中で、隣を歩いていた外国人に「hey、どこ行くの?」と話しかけたら「終電!帰るところさ」「僕たち六本木行くけど、一緒に行く?」「そうなの?いいよ!」

ということで、一緒に六本木へ。こんなこと日本人同士ではありえない、とよく言われますが、僕たちには全く普通です。もちろん、絶対日本人には話しかけたりしないですけれど。びっくりされるのはわかっているので。
驚いたことに、彼は僕の隣の区の中学で英語の教師をしていることがわかりました。僕の家にも自転車ですぐ来れる距離と言うことで。偶然っていつもおもしろいです。

六本木はにぎやかでした。
クラブに行きましたが30分もたたずにやっぱり出ました。男3人で入ったのですが、そこにいた
ロシアの女の子が僕に一緒に踊ろうと誘ってくれたので、その女の子と踊って、すぐ出ました。
僕は大学生時代ヒップホップ、ダンスでお金を稼いでいたので、踊るのは大好きです。
でもやっぱり、六本木は僕のいる場所ではないと感じたし。
みんなでカフェへ。

よるカフェは楽しいですよね。
始発を待つまで、カフェラテ2杯と、アイスコーヒー1杯、グリーティーフラペチーノ。水分でおなかいっぱいです。


家に戻り、シャワーを浴び、2時間だけ睡眠をとり、すぐに仕事を始めました。いまやっと、ひと段落。

健康だからこそ、こんな無茶ができるんですよね。僕の体がタフなのは、食べてるものが違うからと自信を持ってやっぱり言えます。

僕はますます、食べることの大切さを感じている今日この頃であります。
食べることに、本当に感謝したいですよね。
[PR]
by foodlovers | 2010-08-01 17:50
<< 美術館 恋愛観 >>