ついていけないぃ。

b0118590_1121369.jpg



最初にいっときますが、僕は年齢は気にしません。が、このまえの土曜日、イギリスから来ている友達に誘われて日本人の方主催のハウスパーティーに行きました。部屋に入ったときはゲストは全部、当然ですが日本人の方だけでした。みんなネットを見て、集まったと言うから驚きです。ネットでパーティーゲストを募集すること自体、僕にはすでに理解できず。僕の理解を超えておりましたからな。


そのおうちに入ったとたん、「ああ、だめだ僕」と感じて、ものの30秒で「ごめん帰る」と言って本当に友達置いて帰ってきました。部屋はもう誰も歩けないくらいすごい人。みんな座って飲んでいました。僕、そこに1分たりともいられなかったのです。

友達は19歳なので、あの手のパーティーはドンピャ。しかも、日本語の練習ができるし、友達は日本の女の子大好きなので、いいチャンス。友達はいつもイケメンと呼ばれるタイプなので、部屋に入ったとたん、まわりの女の子たちが目をハートにして、さっそく「かっこいい!!」「かっこいい!」を彼に連発していました。日本語がわかる友達なので、顔を真っ赤にして「どうしよう、どうしよう」(キーランはシャイなのです)

会場は、まるでどこかの高校のようで。みんな、高校生にしか僕には見えなかった。食べてたり飲んでたりで、ソフトドリンクだったですが。

ふだん年齢が全然気にならない僕だけど、自分でほんと驚いたことに文字通りドンビキしてしまいました。
理由はよくわからないけれど、僕はとにかくほんとこわかった。
ジェイクつれてこなかったこと、大後悔。だからすぐキーランをおいて、その会場を立ち去りました。
キーランをおいていったところで、とたんに女の子たちがキーランのアドレスをゲットしようとキーランを取り囲んでましたから(普通、一般論では逆ですけどね)彼は退屈しないと思ったし。



パーティーから逃げるように飛び出して(や、ほんとそんなかんじでした)ジェイクに電話しました。



「パーティーに行ったけど、怖かった!」「ああ?なんで?」「わかんない!こわかった!」

「hahaha.alright」
そういって、渋谷まで迎えに来てくれました。

家に向かいながら、ジェイクに何があったのか細かく説明しながら、怖かった理由を考えた僕。

きっと「幼さ」が恐怖だったんだろうな、と思います。



それは僕が幼いからなのか、大人であるから幼さが許せないのか、どちらかわからないですが。
少なくとも何かを考える、いい機会でありました!
[PR]
by foodlovers | 2010-05-27 12:04
<< フリスピー ひげ >>