いちご
b0118590_747598.jpg



いちご命である。


ジェイクもすっかりいちご好きになり、まとめて買ってくる。
パック買いでなく、ケース(箱)買いである。


以前すんでいたところには駅からうちへの途中で激安の果物やさんがあったため、ジェイクとネイトでそれこそ抱えられるだけ買って(つまり、店頭のイチゴ、間違いなく全部)来てくれていた。


今のところは激安の果物やさんはない。
スーパーで普通に買うしかなく。粒の揃った優等生しか置いてない。
路地ものの、小さなイチゴが好きなのに。


「ジェイク、僕もう少し小さいイチゴがいいな」(英語)
「ええぇー、なんでぇよぉおおー」(日本語)

「ちっちゃいほうがおいしいもん」(英語)

「・・・。じゃ、今週末、買いに行こうか?」(英語)


というわけで、行ってまいります。いちご狩り。
っていうか、以前住んでたところの果物屋さん。(遠っ)


たくさん買って、そのまま食べるのはもちろん、イチゴジャムも作りたいのであります。
そのジャムとカフェラテがあれば、朝から”超”ごきげんであります。
ジェイクはそのジャムをすくってそのまま食べてしまいます。そのまま一瓶食べても僕のお手製ジャムはフレッシュなイチゴの味がします。砂糖の量が、煮詰める時間が全然少なく、極端に短いのです。

僕のジャムは、それくらい糖度が低いため、保存がジャム(保存食)のくせに全くできません。冷凍保存します。

市販のジャムって、甘ったるくて食べられない僕。イチゴと言うより、ただのいちご風味の砂糖みたいだから。
時代に合わせて、ジャムが冷凍食品コーナーで売られてもいいかもしれませんな、や、まじで。


いずれにせよおいしいものに妥協は絶対したくないですな!

ジェイクたちがいっぱい食べるのをみると、ほんと食って大事だな、と思うんです。
[PR]
by foodlovers | 2010-05-18 08:12
<< ひげ タイフェスティバル >>