マテリアル・ボーイ
昨日の水での歯磨きもそうですが、僕の暮らしの中には、ものが非常に(ジェイクいわく、異常に)少ないのです。

洋服やバックも数えるほどです。芸能という側面もある仕事ゆえ、相当華やかなもんかと思われそうですが、クローゼットで両腕で抱えられる量を常に超えないのです。
ものが増えるのがとにかく嫌なので、あったらいいかも、という程度のものは僕の周りには存在しません。

洗剤も、お風呂用、窓拭き用、床拭き用、などといくつも買ったりしないのです。
洗剤売り場に行くと、どうして中身が同じなのに、商品名が違うものがこんなに存在するんだろうと不思議です。
僕は掃除は水です。
アルカリに傾けてある水なので、汚れが十分に落とせる上、抗菌や殺菌効果も優れています。
でも成分的にも、商品としても、水、です。界面活性剤や何かを添加しているものではありません。
水、です。

お風呂だろうが、洗面所であろうがキッチンであろうが、家中その水だけでお掃除は間に合います。


お風呂場には、以前は石鹸一個、でした。シャンプーも、リンスも存在しませんでした。
石鹸ひとつで全身洗ったからです。今は仕事でコスメやシャンプーなどの開発に関わっているため、さすがにテストなどでシャンプーを使用する必要となり、シャンプーと石鹸がお風呂場には置いてあります。
ヘアスタイリング系のジェルやフォームなど、買ったことはありません。ヘアケア商品もかみそり系も、全く使わない人生ですから、シャンプーがある、ということ自体、驚きなわけです。

よく整理整頓の本で、裏技として100円ショップのかごやら棚やらを活用する方法が紹介されていますが、それを見ただけで僕は倒れそうになります。ついでにジェイクも倒れます。(ないない)

ものを整理するといいながらものを買い、そのものの中にストックするためまたものを買うのか?というわけです。

ものは増やさないけど、必要なものは厳選する。
ちまちまと、ちょこちょこといろんなものを買っていると、いざ本当に必要なもの、欲しいものがでてきたときに買えなくなります。

ものは、増やさないこと。
増やすときは、覚悟を決めたものだけで。
人も、ものも。

何も持たず夢だけ抱えて、ボストンバックひとつで東京に出てきた頃から、僕の価値観はいまだ同じです。

b0118590_8533418.jpg

みなさんも、ぜひ!
[PR]
by foodlovers | 2010-03-05 08:55
<< QVC 11日 歯磨き >>